Entries

スポンサーサイト

アゲハ

ドアーを開けて外に出ると、黄色がふぅらりふぅらりと舞い、近眼でたまたま眼鏡をかけていなかった私はそれがアゲハチョウであると気付くのに少し時間がかかった。なぜか分からないけれど、私はそのアゲハがどうしても10年前に死んだ祖父であるような気がした。アゲハはしばらく観察するように私と恋人の近くを飛び回り、やがて家の中から出てきた祖母の「あれま」という声に、はっとなって視線を逸らした次の瞬間にはどこかに消...

恥ずかしいことないように見えますか?7

(19)ごくご近所にイメージカラーブルーのコンビニエンスストアがありましたので、そこで、水や、無印商品が並んでたんで無印のバームクーヘンなんかを買いまして、正面から、ホーテル入ります。アサガオが咲いている玄関口にあたしはまだ立っていて、それならいいや、と勢い込んで入るのです。髭ありの従業員がこちらを伺っているんで、自動ドアにゅーんと開いて、一階にレストランありその横を通ってフロントに向かいます。こ...

ソバージュの涙がキラリ?

薬味が恋をしたのは、転校してきてから、5日目の終わりの会で、誰かが今日の出来事を言う度に相づちのように蕎麦を啜る薬味の、啜り方が少しおかしくなった。突如としてごぼごぼと口の内で爆発するむせた。啜っている最中にむせる、そんなことはもちろんはじめてであるし、それはきっと薬味にとって、最もやってはいけないミスであったのだろうし、誰よりも薬味自身が一番驚いていたのであろう。しゃべっているのは、ユリネという...

恥ずかしいことないように見えますか6

(18)腹いっぱい。一杯。水飲む、まずっ。浮いてる、なんか浮いてるけど寄生虫ではないよね。ないよね。ふう。外へ、八条口ブックセンター150万冊の7階建て本屋。に立ち寄って、ここ、ガラスケース展示してあって、その中、アーチストの使っている手帳展示。それをさわれるようになっているんですが、触るさいはナイロン手袋履いて、指紋つけんように。うわ?たくさんあります、本以外もある、文房具、あ、季語の本ほしいわ...

アミューズメント屋敷で遊ぼうの夢060827

アミューズメントお化け屋敷にやってきた数人。非常に規模の大きい複合施設、お化け屋敷が最近合体し、それがメインになったよう。入る。本当のお化け。事故にて。不幸なお化け。追いかけてくる。逃げ惑うように外へ。人数が少なくなっている。のびたの像。古い傘。ビールを飲んでしまう。飲酒運転になってしまうと、気付いたら自宅がある、家に帰って、水を飲む。ぐんぐん飲む。上手く飲めず口からこぼれてしまう。フリルの着いた...

恥ずかしいことないように見えますか5

(17)あっついなか目黒駅に着く。坂のぼってあっつい。体力の消耗。結局ほとんど寝てない疲れ、なれない土地を歩き回っている疲れ、そういうのがどっと混むように流れてきて、さてこれそろそろホテルのほうにいって、どうでしょうちょっと休憩とかしたらええんではないでしょうか、て思い予約したヴィジネスホテルがある東京駅へ。ついに東京駅か?。再び山手線に乗っかり、日曜日の東京はそれでもどこか殺伐としていて、次から...

5・7・5

はいはい、と揺れるお前の猫じゃらし...

レコーディングする人志松本の夢060826

山荘、にて集合、会議的なものをするためにある。集会所。山奥。松本人志。山荘にはレコーディングスタジオがあり、録音なんかもしたらええやん。ということですんで、やります。女の子、たぶん知ってる女の子が歌う。人志松本が歌う、唸る、外は嵐だ。これはいい曲だ。「どんな曲を録音したいですか?」「夜霧のブルースや」「CD売ってて買えば可能です」目覚め。...

恥ずかしいことないように見えますか4

(16)寄生虫は、本来寄生すべき宿主に寄生すれば、ほとんど悪さをせずに、むしろ役立つ共生しているぐらいなのに、いったん予想外のものに寄生してしまうと突如として悪さをはじめるのだそうです。人間の場合でも、サナダムシなどはたとえ8メートルになろうと(実際に人間の中にいたという8メートルのサナダムシが展示してあります)、それが5匹ほどうごめこうが、痛みも何も感じないというこって。養分を食べてくれるからダ...

あんパンとかばの季節

餡子はパンの隅々まで満遍なく入っており、にもかかわらず、甘さはそれほど感じない。香ばしさが甘さに勝る。これぞ黒豆で作られた餡だから出せる技なのだ。などと嘯きつつ、あんパンを齧るかばが目障りに思えてきた夏。当初は、かばが居着いた冬はそれでも、ものめずらしさもあってか、ずっと見ていて飽きなかったのに。春を越え、うっとうしい梅雨をしのいだ先のからりとした暑さの中で私は、このかばが心から目障りに思えてきた...

阪神大震災の記憶

私は眠っていた。当たり前だ、時刻は6時かそこらで、当時の私の毎日の起床時刻は7時だった。最初の大きな揺れのあと、父の声がおぼろげながら耳に入ってきた。世界は終わる、一瞬本気でそう思った。「机の下に入れ!」次の揺れの最中のはっきりとした声。私は2段ベッドの下で、弟が上で、それぞれ眠っていた。やはり眠っていた弟が緊急事態に気付き、私の名前を呼んだ。揺れは止んだ。大丈夫だよ、こっち降りてきなさい。弟がゆ...

理想のタータンチェックを捜し求める両親について

今日も見つからずか、とダッドは溜息交じりにつぶやく、その肩に毛布をかけながらマアムは、明日はルーデンガジミュート通称シーフードピラフ砂漠のほうまで出かけてみてはどうかしら、と言う。毎晩こんな調子で両親はつかの間の休息をとる。わたしが生まれてから今までずっとこうなのだとグランマが言っていた。わたしのために両親は、タータンチェックを探している。見つからなければ永遠に探し続けるのだろう。思い込んでいる。...

弟の、新聞配達を手伝う冬のある日

仕方なく起きて、パジャマのままで、上に分厚いコートを羽織り、手袋をはめ、マフラーを巻き、自転車に乗る。新聞がおいてある場所はバス停の待合所だから、そこに溜息をついて向かう。弟がこの辺りの新聞を配達するアルバイトをやっていて、しかし当然冬の朝は厳しく、初めて2ヶ月で早くも泣き言を言い始めたから家族は、何とかその負担を軽くしてやろうと躍起になり、私と父が手伝うことになったのだ。しかし、当然手伝った分、...

ソバージュの涙がキラリ?

「ちょっと変わってるけど仲良くしましょうね」と紹介された転校生は教室に入るなり持参した蕎麦を啜り、その啜り音で僕らに対して自己紹介をした。それは不安と期待とが入り混じる複雑な啜り音で、咀嚼しては時々息をつき、そしてまた啜った。そんなに注意深く啜り音を聞いたことがなかったせいかもしれないが、その啜り音はなんとも心地よくて、夢が、夢みたいなふわふわが頭ん中行き来し、そしてその間、というか、結局はそれか...

恥ずかしいことないように見えますか3

(15)らせん状に昇っていく様子は、DNAにしぶとくからみつく寄生虫を思わせる。ザ・トゥー・フロアー。まず目に飛び込んできたのは、これなかなかいいにくいわけですが、うら若き娘さんには、なかなかいいにくいわけですが、男性性器を後ろから撮った写真、がどーーーーんと。なぜどーーーーんと、ーを4つつけたのかといいますと、それぐらい立派なわけです。寄生虫によって犯された性器は、立っていても地面につくぐらいに...

東京事変の夢60816

東京へ。社員まばら、夜。なんとなく皆の歩むほうへ歩んでいく。怪しげな人々。暴力がはじまる。誰かが燃やされた。という情報。今日誰かが燃やされるという情報。向うの方で暴力が。朝になる。光が届く。ようやく落ち着いて歩む。駅。らせん状階段。カフェの早朝ミーティング。試作の山、を蹴っ飛ばす店主。気合だ。駅プラットホーム。巨大な立体地図が上下して。ヤクルトの豊富な忘れ物。食べ物の忘れ物がそのまま置いておるスペ...

恥ずかしいことないように見えますか2

(14)お姉さんが、恐らくはアルバイトのお姉さんが表のガラスを拭いている。スプレーをシュウとかけてガラスを拭いている。その自動ドアーを開けて、中に入る空調機の唸り、と冷気はわたしを包み、イラスト化した寄生虫ディスプレーが目に映る。コミカルな名前の知らない寄生虫が並んでいる。ヤアヤアヤア、と先に進むと、いきなり大量の寄生虫のホルマリン漬が展示してある。まず目に飛び込んでくるのは、海亀の目に寄生してい...

恥ずかしいことないように見えますか1

(13)新宿から目黒へ、山手線沿線は、東京のこれでもかという街並みが迫ってきてわたしはなんとなく打ちのめされる。目黒区。目白の対極としてある区。目白が実際あるのかどうなのかはこの際知らないけれど。JR目黒駅、すぐさま着いて降りました。東京は山ほどあるんだぜ交通機関が、非常に便利、網目状に、1分を争って、規則的に動いている。目黒は、やはり目黒らしく、少しどちらかといえば懐かしさを、思い出させたけれど...

5・7・5・7・7

たそがれてあなたの顔は見えませんそれが答えということでしょうか...

相変わらずわけのわからない事言ってます4

(12)電車に乗る前に、お金をATMでおろさないと、何にもできないから。で郵便局新宿店探して、ぼやっと立っている警察のおじさんに場所聞いたりしながら、ぼやっと立っている警察のおじさんに場所聞いたり(二度目)しながら探し当てて、それは結局バスを降りた少し先にあったわけだけど、回りまわってようやく探し当てて現生を手にした。その過程で、東京に住む人の「遠い」は田舎に住む人の「すぐそこ」であると確信しまし...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。