Entries

スポンサーサイト

欲望51?60(ジェリービーンズ)

・朝起きて、そのまま海に飛び込めるぐらい海の近くに住む・プールいっぱいに作られたゼリーの中に飛び込んで、食べながら泳ぐ・お風呂上りにバケツいっぱいの美容液を頭から浴びる・蒸しパンの中に引きこもる・ハローもグッバイもサンキューも言わなくなっても、やっぱりつながっている・ケータイを金属バットで叩き壊す・ケータイの電源は入れない・ケータイがあってよかったと、心から思う・想いがすべて伝わる完璧なメールを打...

5・7・5・7・7

まあいいや待ちぼうけでもお気に入りのゴム長、ドットの赤い傘だし...

欲望41?50(男のアナと女のアナ)

・軽石にも、女子アナみたいに笑顔を振りまく・軽部アナの蝶ネクタイを選んであげる・男子アナ同士の遊びは楽しそうだ、という心から思う・何も返ってこないのに、女子アナの機嫌をとる・あんな女子アナなんて所詮飾り物でしょう、と指差して言われる・取材と称して、選手の唇を奪う・野球選手が選ぶ嫁にしたい女子アナ投票ランクイン・今日俺は君のために三盗をする、と俊足選手に耳元で言われる・ファールボールを額に受けて、恋...

欲望31?40(眼鏡女子)

・眼鏡が世界で一番似合う・くもらない眼鏡をかける・頭の上にあるのに、「眼鏡どこだっけ?」と探してしまう・眼鏡と眼鏡がぶつかって恋が始まる・つじあやのさんと鴨川を歩く・くるりの岸田さんと、試合後、眼鏡を交換する・めがねめがね、をやる・コンタクトの良さなんて一生知らないでいる・密かにコンタクトに憧れる・目薬を躊躇なく差せるようになる...

出生率1.3台に回復

りんはわたしがおなかを痛めて生み出した傑作だから絶対男なんかにあげないの、と理子は口走った。りんちゃんりんちゃん、と張り裂けんばかりの叫び。僕は決してりん、という名前に同意したわけじゃないし、僕は、ゆりね、と言う名前がいいと思うけど、今は、そんなこと言って理子を変に刺激するよりも、黙ってうなづいてやったほうがいい。すーすーはーすーすーはー、と変なリズムの呼吸息む。ああああああ。なかなか出てこない、...

欲望21?30(猫よ!)

・突然スキンヘッドにする・理不尽な理由で怒り、知らない人の車を叩き割る・柔らかに発狂する・実際に、苦虫を噛み潰す・飲み込んでしまうと意外と美味いことに気づく・立ち止まりはしない・猫背でもいいんだと開き直る・出会いに、号泣できる・華麗なスキップで街を行く・春風を待つ...

欲望11?20(活字に中毒)

・新聞を読んで号泣・新聞を読む前に燃やす・本を燃やして暖をとる・本を太平洋に投げ捨てる・投げ捨てて、それを追いかけて飛び込む・小説の新しいジャンルを作る・冬の匂いが漂ってくるような描写をする・ノーベル文学賞をとっても素顔を晒さない・ノーベル文学賞を辞退する・フェリシモ文学賞は謹んでお受けする...

昭和16年/上半期/芥川賞

(多田裕計作/長江デルタ/一行目は)―警笛は、羊を追うようになりやまなかった。―鳴り止むと同時に、怒った羊がこちらに向かってきた。...

5・7・5・7・7

さ、覚悟はいーい?とつぶやく君を背に赤い下着を干すのは夕暮れ...

欲望1?10(この子どのチョコ?)

・いつかは想像を超える日が待っている・ホットチョコレートを全身に浴びる・冷たいチョコレートに口づけをしてみる・チョコレートをいくら食べても吹き出物は吹き出ない・静かなシーンの時、カリッという板チョコを割る音を劇場中に響かせる・板チョコを割って兜の緒を締める・珈琲に抜群に合うチョコレートを見つける・チョコレートに抜群に合う珈琲を見つける・チョコ嫌いをもっとチョコ嫌いにさせる・溶けないチョコを発明...

ひぐまの嫁入り

回覧板が回されてきたので、ばあちゃんは焦りだす。それは、町内会長が誰に決まったとか、○月○日にドブ掃除をしますとか、そういう誰も興味ないお知らせのあとに添えてあったやけにパンクな注意文だ。『出てきやがれ熊野郎!見たと言う人が続出しています。熊は人を襲いやがるから気をつけろ。柿の実を、たわわに実っている柿の実をひとつ残らずもいで、熊が村に下りてこないようにしましょう。まあ何はともあれ世界ファッキュー!...

5・7・5・7・7

君の背にもたれかかった陽だまりの鴨川沿いを南風抜け...

誰がために・・鳴らぬ反鐘 39個盗難

北京五輪を控える中国での需要の高まりで銅の相場が高騰しているなんてまったくの嘘っぱちで、実際にはあれほど盗まれる理由があったんだ。私はその理由を知っている。それはむやみに言ってはならない、とある人に、言われているから、そんなぬけぬけといったりしないけれど、知っている。と話しても、誰も信じないし、頭のおかしい赤眼鏡女だと思われるだけですから。だんまりを決めこんで、やれやれとカフェオレを啜る。ずずずず...

パリの玄関 吸い殻の山

煙草を挟んだ右手が少し上がってきて、やがて口へ、ゆっくりと時間を贅沢につかって。我々はビジネスをやっているはずだなのに、髪の長い女は休憩だと吐き捨てるように言い、おもむろに煙草に火をつけた。よく分からないけどパリでは労働は必要最低限行う事となっているの分かって、と女は言った。それは、この女だけかもしれない。まあ、ビジネスといえたような代物でない事はたしかだ。ほとんど趣味と、少しばかりの生活の糧、そ...

昭和10年/下半期/直木賞

(鷲尾雨工作/吉野朝太平記/一行目は)―『うふゝゝ、うい奴だ。』―『うふゝゝ、そちものぉ。』...

「ブログ気になり」受刑者監視中ケータイ使用

いいですかわたしは罰せられるものを監視しているわけであり、言ってみればそれは、観察という意味もあるわけで、いや、名目上そうは言ってませんよもちろん。だが実際は観察といってもなんの差し支えもないし、言ったらええやん。別に減るもんでもないし。わたしは、広めなければならない。この生態観察記録を一人でも多くの人に見てもらいたい。ですから、ケータイを持ち込んで、日々その記録をブログへ発信しているわけでしょう...

5・7・5・7・7

07’怒りにまかせて立ち上がり、僕が僕であるとうそぶけよの乱...

デュークの異常な更家

更家「今晩はデューク更家です。ある晴れた日、若人よ結婚するとかなんとか、では君にこの曲を捧げよう、こんぐらっちゅれいしょん」じれったいんだ、へいへい俺嘘ぱちだ、へいへい俺涙もろい、へいへい俺大体毎回、飲み屋で再会、一切合切、会いたい、ですますレンコン食いたい、非常に食いたい、何にもいらないレンコンさえあれば、意外と柔らかい食感たまらない肉詰め涙が出ちゃう寂しいんだもん、しあわせて成ってくれだぜ燃え...

5・7・5・7・7

地球儀の反対側で舞っている風ぬくいのかつめたいか...

5・7・5・7・7

ハックショイ!という爆発音のあと君は時雨を睨んで候...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。