Entries

スポンサーサイト

094:沈黙(なゆら)

汗の香と木曜6時の沈黙の中で確かに繋いでいた手...

093:周(なゆら)

波立たぬ吹けと浜風を待っている遠藤周作神の沈黙...

092:生い立ち(なゆら)

先頭で喇叭を吹いて扇動す赤いピアスの生い立ちを知る...

091:渇(なゆら)

腰に手を当てて渇いたのどもとへ滑り込ませよフルーツ牛乳...

090:メダル(なゆら)

姫様が夜な夜な向う地下室にちいさなメダルはあると主張...

089:減(なゆら)

君が点てた珈琲の湯気は消滅し朝はほのかに光を受ける...

088:錯(なゆら)

笑顔の君が後ろにいて僕の肩を抱いてささやくという錯覚のあと...

087:天使(なゆら)

雨上がりローソン前に腰掛ける天使はファイブミニを放って...

086:恵(なゆら)

すやすやとあなたが眠るベッド下奥菜恵の写真集あり...

085:うがい(なゆら)

おかえりなさいうがい手洗いしてからよ、はいはい、はいは一度でいいの...

084:球(なゆら)

ウィンクをぎこちなく2度したならば足降り上げろこれが魔球だ...

083:名古屋(なゆら)

しわくちゃの頬緩ませて卓上で名古屋撃ちだと祖父は震える...

082:研(なゆら)

蟻を追う二人がやけに近づいて研究成果を捨て去ってただ・・・。...

081:嵐(なゆら)

透けだしたブラ紐さらに降り注げ君の背中に春の嵐よ...

080:Lサイズ(なゆら)

振り出した雨にあたしの身を任せまとうあなたのシャツLサイズ...

079:児(なゆら)

珈琲の湯気の向こうでちいさくてそれは園児の歌声だった...

078:合図(なゆら)

赤ワイン傾けてため息吐いてなんだか切ないあなたの合図...

077:横(なゆら)

足裏はまあるい石でこそばゆい赤い甲羅はなお横歩き...

076:ジャンプ(なゆら)

初夏の屋上から君はジャンプして2回転半で真夏に着地...

075:量(なゆら)

先生がそっと渡した分度器で測れないんだ涙の量は...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。