Entries

スポンサーサイト

060:引退(なゆら)

大関は涙見せぬと意地を張り引退式の静寂は増す...

057:縁(なゆら)

しゃんしゃんと祭囃子は鳴り響く縁結び神社にあめんぼ2匹...

059:済(なゆら)

花街で俺を見かけた?そんなもん、済んだ話だ酒だ酒つげ...

056:アドレス(なゆら)

アドレスは君の名前をローマ字にして逆さまにした色の逆...

055:式(なゆら)

寝ぼけてる和田アキ子さんリアス式海岸を背に当てて擦った...

054:首(なゆら)

浜風の合間に我が気にするは首筋伝う汗の行き先...

053:妊娠(なゆら)

偽りの妊娠告げても君はただとんがりコーンの残り気にする...

052:縄(なゆら)

3歳の春子は息を吸い込んですくえど逃げる沖縄の色...

051:言い訳(なゆら)

雨音が強くて何も聞こえずにとぼける午前二時の言い訳...

050:災(なゆら)

一輪の花をあなたに見せるため瓦礫を崩す被災地の春...

049:ソムリエ(なゆら)

恋をした頬に見立てたロゼワイン一気に注ぐソムリエの彼...

048:逢(なゆら)

あんみつの姫は伝染病になり殿は逢瀬にでかけたまうよ...

047:警(なゆら)

君が目をうるませてただささやけば警戒レベル4のサイレン...

046:常識(なゆら)

あたくしがソファ右側空けたならすぐ座ること常識として...

045:幕(なゆら)

青き火の代表選手うなだれて横断幕は風にただ舞う...

044:わさび(なゆら)

君が前かがみに胸のチラリズム鼻を突き刺すわさびの刺激...

043:孫(なゆら)

歩きはじめた孫を抱きて吾の奥に響く甘さよ完熟の柿...

042:クリック(なゆら)

クリックの音、音、音の隣室であんを絡めた冬瓜を噛む...

041:越(なゆら)

完熟の柿をスプウンですくいとり刻んだゆずを煮て夜を越える...

040:すみれ(なゆら)

人見知りの姪が見つけた軒下に小さく咲いたすみれの親子...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。