Entries

スポンサーサイト

エドガー代打逆転満塁弾!

「もっと付け加えたいもっと付け加えたいもっと付け加えたい」「なんですか薮から棒に、監督」「だって付け加えたいじゃない」「何をですか?」「今でエドガー代打逆転満塁弾じゃない」「はい」「もっと長くしようと、これいじょうないぐらいに」「なんで?」「おもしろそうじゃない」「しかし、何を付け加えるんですか、もうつけることないでしょう」「それを考えるのが、俺、監督の仕事でしょうが」「違うと思いますが」「とにか...

来春、のぞみとひかりは禁煙とす

煙草を吸ってはいけないということ。たとえ連結部分においても。座席はもちろんのこと、電車内のどこ部分であろうと煙草を吸ってはいけないことになった。愛煙家の反発はすごい。全車禁煙になってしまえば非常に困るから今のうちに愛煙家は反撃の狼煙を上げる。のぞみ、という割には望みなんて全くないわ、などとうまくもないことを堂々と言って、愛煙家は禁煙家に攻撃をくわえるようになる。攻撃と言っても実際に殴ったり、狙撃し...

石田純一の後継者、ISSAに

石田が重い口を開いたのは、コロシアムでの闘いを終えて控え室、妻の東尾に口元ににじんだ血を拭ってもらいながら。「もう引退する、体力の限界だ、俺にはもう色男はつとまらねえ、後継者は一茶だ」。担当記者群からどよめき、天井を破ってお空に広がる。翌日の新聞、発表される。石田は引退、一茶が後継者。ダンスレッスンをしている一茶のもとに記者が集まる。多くを語らない一茶、ひとこと「夏草や純一どもが夢の跡」どよめき。...

「岐阜県の寺にいる」「会わせるわけにいかない」

「岐阜県の寺にいる」「一体何をしているのです?」「寺と言えば、さあなんでしょう?」「こちらが聞いているのです」「知らねえよ、勝手に行ったんだから、とにかくここにはいないの」「連絡先を教えてください」「知らない」「どうして?」「だから勝手に行ったんだから、どこに行ったのかも知らないし、向こうから連絡してこないからわからないの」「まったく、いいですか、疑っているわけではないのです、事実を確かめたいだけ...

関取の大バーゲン

もう、いらないんだ。いらない人たちがたくさんいる。だからバーゲンに出す。バーゲンという言葉に日本人は弱いからね。きっと、あっという間に売り切れるよ。使い方は人それぞれで、ちょっとした力仕事をまかせたり、話し相手ってのも悪くない、孫の用心棒ってのもある。でも、一緒に暮らすって言うことは、関取だって人間なんだから、イライラすることもあるし、声を荒げて反発することもある。それをうまくいなさないと、怒りの...

セクシーな背中のタトゥーが見え隠れ(会話)

「わたしは見ました」「なんですか急に、七海君?」「わたしは見たのです」「なにをですか、しかしまず着席しなさい、全校集会中ですよ」「タトゥは見えたり、隠れたりしました」「誰のタトゥですか、そして着席しなさい、そろそろざわついてきますから」「もちろん、アンジーの」「アンジーのタトゥが見え隠れしたわけですね、それがどうしたのですか」「ただ見え隠れしたわけではなく、タトゥ自身が動いていたからこうして話して...

セクシーな背中のタトゥーが見え隠れ

アンジーの背中を見ると、あるのだ。タトゥが、それを見たクルは目のいろを変えた。赤く赤く、宝石と言われる所以の輝きを発した。しかし強い。これ以上なく強くなっている。だからクルの目を奪うことは非常に難しい。アンジーの背中にあるのは蜘蛛、旅団のメンバーだという証拠。つまりアンジーもそれ相応の能力があり、闘いに長けている。クルは怒りに燃えている。家族親族一同を旅団に殺されたからである。その経験からクルは鍛...

浜崎あゆみ豪遊伝説は続く

「遊んでいるらしいね」「誰が?」「浜崎よ、もう、ショッピングやら食い道楽やら、好き放題してるらしいよ」「それだけ稼いでるってことでしょう」「しかし全盛期に比べたら確実にCD売れてないよね?大丈夫なの」「問題ありませんよ」「誰?」「どうも浜崎のジャーマネです、はじめまして」「ジャーマネ?マジで?なんでこんなロサンゼルスの吉野家のカウンターにいんの?」「ええ。先ほどからはなしは聞かせてもらいました」「い...

これが龍馬のいろは丸じゃい

龍馬は得意気、なにせいろは丸がすごく立派で、みんな歓声を上げている。うらやましそうに見ている。売ってくれ、と交渉してくるものもいる。デジカメで撮影しているものもいる。いろは丸の歌を作って合唱している合唱団もいる。絵を書くものもいる。音声記録として残し、ラジオ局に売り込むものもいる。龍馬はそれらのものに笑顔で応じ、好きにさせていた。これがおいどんのいろは丸じゃい、と胸を張った。そこに突如としてあらわ...

アルバイト経験で世の中をナメきってしまう

「なにしろアルバイトだ、対価を得るわけだ、学生時分からそりゃなめてしまうだろう」「そうでしょうか」「働いているという実感があるだろう、それは大きいよ」「社会人とそう変わらないと?」「全く同じじゃないか、金を稼ぐ、しかも安価、社会人よりもやってられないだろうよ」「にもかかわらず、どうして働くんですか」「それは、快楽を得たいためだろう」「快楽?」「そう、例えば服が欲しいという快楽、ギターが欲しいという...

加藤和樹、秋山莉奈になら処刑されてもいい!?

ただし、秋山なりの処刑だがな、と加藤は付け加える。秋山なりの、という言葉が意味する所は何か、専門家はチームを作り調査を開始した。まず秋山の周辺、秋山自身、向こう一ヶ月の天気、人気のスポットなどを念入りに調べた。浮かび上がってきたことは、秋山が通常のピストルで狙撃する、首を絞める、などの処刑をする技術に長けているわけではないということだ。秋山は世間に認知されている女性タレントそれ以上でもなしそれ以下...

ゾウに鼻で倒され、全身踏まれて飼育員

「ゾウも怒ったんだね」「意外とすぐ怒るから気をつけた方がいい」「そうなの?」「そうだよ、ゾウほど怒りやすい動物はいない、そしてゾウほど怒ったら厄介な動物はいない」「それはそうだろう、なんと言ってもでかいし力があるから」「それだけじゃない、素早いんだ」「意外とそうなんだ、それは強そうだ」「強いなんてモンじゃない、破壊神といっても過言ではないぐらいだ」「さすがにそれは過言でしょうよ、破壊神と言ったら相...

マツコ・デラックスが沸騰寸前!

夏のせいだ。朝から気温は上昇し、10時時点ですでに40度を超えた。まだ上昇する気配。マツコの体内にある水分が、沸き立ちはじめる。別にマツコに限ったことではない。人間であれば誰でも沸き立ちはじめる気温。しかしマツコの場合はその程度が大きい。なぜならマツコが貴金属で全身を覆っており、それを外そうとしない。貴金属こそがあたしのアイデンティティだから、とマツコは頑なに貴金属を外さない。どころか、新たな貴金...

向日葵や、太陽に向かって背比べ

「なんで太陽に向かうのでしょうか?」「いい質問だね」「なんでですか?」「本質をついていてしかもシンプルで」「だから、なんで太陽に向かうのでしょうか?」「よろしい答えましょう、向日葵の花は知っているね?」「おそらくアレだと思っている花があります」「マア間違いないだろう、ちなみにその花の色は?」「群青色ですね」「群青色ですか」「群青色です」「そう表現したのを聞いたのは初めてだ」「そうですか」「しかし群...

裏切り者はろくな死に方しない

ろくな死に方、というのが老衰であるならば、裏切り者は老衰では死なない。老いてなお現役を豪語する裏切り者、ゆっくりと老後の人生を楽しむなど考えもしない。老後など存在しないと言わんばかりに、働く。裏切り者としての仕事、スパイ関係の全般の仕事をする。さすがに重要な任務は老いによる衰えにより失敗する可能性があるから依頼されなくなったが、価格競争の調査員、スーパーの万引きGメンなどそれなりにやりがいのある仕...

性的天狗のための対話

目覚めるとつる子さんはもういなくって、思い出したくもないと思いながら見ると綺麗に片付けられさらにピカピカに磨いてあった机の上、メモが置いてあった。『帰ります、昨日はどうも、少々飲み過ぎてしまったようで、眠っちゃいました。言ったこととかやったこと、もし気を悪くしてたらごめんなさい。記憶にございませんのでどうかお許しください、お願いします。つる子』なんて素直な良い子なのでしょう。わたしは綺麗になった机...

不安で不安で

逆に安心です。...

リフレインは弧を描く

 父の背は曲がりくねって夕焼けに沈む。 あんまり猫背が過ぎて、とぼとぼを通り越してじりじりと、何かに警戒して歩いているような後ろ姿をわたしは見ている。 学校の帰り、ちょうど通りかかった交差点で道路の向こう側、歩いていく父を見つけた。元来わたしは父と仲が悪くて、家の中であろうと、外であればなおさら、話し掛ける事など皆無で、その時も無用に顔を合わせることのないよう、父の姿を認めるやいなやさっと物陰に入...

和解できるはずがない織田裕二と柳葉敏郎

育ってきた環境が違うから、好き嫌いは否めない。夏がダメだったりセロリが好きだったりするのね。織田は南の生まれ、柳葉は北の生まれ、織田は甘いもの好き、柳葉は辛いもの好き、織田は肉体派、柳葉は思考派、正反対のふたりだから、衝突は当然だ。織田が、もうそこらへんの居酒屋でいいじゃないですか、チェーン店であろうがなかろうがみんなでわいわいやるのが楽しいんじゃないですか、と主張するも、柳葉はこだわり、いや、せ...

私がiPadを売ってしまった理由

「まず重い」「そうでしょうか」「重い」「意外と軽いという人が大半ですよ」「いや重い、誰がなんと言おうが」「わかりました重いと、しかし重いだけで売るのはどうかと思いますが」「重い、は重要な要素だよ」「たしかに、しかし、それを補ってあまりある機能があるんじゃないですか」「たしかにそれは一理ある。しかし、わたしにとってあいぱっどはそれほどの魅力を訴えなかったのだ」「ひらがな表記でよろしかったですか?」「...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。