Entries

スポンサーサイト

汗染みは淡いブルース/キリンジ

汗の匂い、部屋に充満している。カーテン、しまったままですが外は明るい。つる子さんはベッドの上、眠っている。永遠に、目を覚まさないのかもしれないと思う時がある、このまま。それならばそれであたしは構いません。つる子さんはどう思うんだろう、つる子さんはとことん生きたいと息巻いていた。死ぬまで生ききるんやともつ鍋をつつきながら、あたしはもつ鍋が嫌い。臓物なんて食べられないから、って食わず嫌い。つる子さんの...

さわやか会社員/相対性理論

「こんにちは!」「まあなんてさわやかなのかしら」「ぼくはさわやか会社員ですから」「素敵!どうぞこっちへいらっしゃい」「失礼します」「紅茶でいいかしら?」「ああ、おかまいなく、ロイヤルミルクティーしか飲めませんので」「あら、それなら作らせてもらいますわ」「おかまいなく」「さあどうぞ」「では奥さん、本題に入ってもいいでしょうか?」「どうぞどうぞ」「奥さんの身体が欲しいのです」「あたしの身体?」「ええそ...

トーキョー・ストーリー/曽我部恵一

トーキョーに立つとなぜかいつも同じことを考える。トーキョーはそんなにも特別な場所なのか。ぼくにとって、君にとって、誰にとっても特別な場所なのか。トーキョーと縁のない多くの人はそうでもない。ビルが建ち並び、終わりのなさそうな街に立っても、何も考えない。これからなにをしようかしら、今日はなにを食べようかしら、文明の犬は俗物として生きていればいい、と言ったあいつのことを考える。あいつはあたしの前からいな...

あの荒野に花束を/100s

花束を供えた理由を聞いてみたけれど、的を射ない。的に当たらないどころではなく、的を投げているような始末。それでは理解できない。花束を供えることについて、理由はいくつかあり、そのいくつかのうちのひとつ、であろうと推測はできる。すなわち、誰か親しい人が亡くなったという場合がある。花束を供えるという行為は正直目立つ。注目される。注目されてもその視線に耐えながら行為を行わなければならない。それなりの覚悟が...

きらきら武士/レキシ Feat. Deyonna

あなたは武士、きらきら武士。だから刀を抜いたらおわりじゃない。切るか、切られるしかない。そんなに簡単に抜いてはいけない。最後の手段として残しておくべき。まず手探りでもいいから、説得するように努めましょう。それが無理でもまだ抜いてはいけませんよ。そこはぐっと我慢するのです。両手をあげなさい。平和的に解決するのです。刀は平和ではない。あの光沢がいけない。なにか人をギラギラさせる力がある。そんな力を使っ...

おなじ話/ハンバートハンバート

「どこにいるの?」「まどのそばにいるよ」「なにをしているの?」「なんいもしてないよ」「そばにおいでよ」「いまいくからまって」「はなしをしよう」「いいよ、まずきみから」「どこにいるの?」「ここは地獄の3丁目、ちょうど鬼が牙を磨いている」「なにをみているの?」「その鬼が人の魂を一列に並べるか二列並べるか悩んでいるのをみているよ」「どこへいくの?」「地獄の4丁目に」「なにをするの?」「罰を受けにまいりま...

根性無しあたし、あほぼけかす/ミドリ

あほか、おまえはあほか、心底思っている。思われているってことをちゃんと理解せえよ。せなやいと、ぼけかすや、さらに称号がふえたあるわ。称号の王様や、もう勝てるもんがおれへん、単独首位や、10ゲーム差ひらいた状態や。9月に優勝や。ビール掛けをせなあかん。かけあってかけあって、あほか。あほになるんや。あたしはあほや。おまえもあほや、同じ阿呆なら踊らんでもええねん。すでに踊っとんねん。心は常に踊り場に立っ...

ただのともだち/salyuxsalyu

「ただのともだち」「ほんとに?」「ただのともだち」「しかし、ただのともだちとキッスしますか?」「愛情は複雑」「つまり、ただのともだちではありませんよね?」「ただのともだち」「ともだちの定義がちがうのかな?」「定義は人それぞれ」「とすると、ただのともだちだとしても、あたしは許しませんが」「ともだちはともだち」「醜い怪獣か」「ただのともだちなんて、キッスはしたけれど他には何もしてないから」「探偵を雇っ...

ハンサムなプレイボーイ/CRAZY KEN BAND

あんたはハンサムなプレイボーイ、あたしが惚れてしまっただけで、あんたは何も悪くない。いつもと同じようにあたしを邪険にして、美人のキャバ嬢のところに遊びにいくんでしょう。キャバ嬢も悪い気はしない。なんせあんたはハンサムなプレイボーイ。店の利益は度外視して、自分も楽しもうという気分、あんたはその気にさせること、しゃべり続けることができる。あたしもそれにまいってしまった。あんたはずるい男だけれど、あたし...

恋はリズムに乗って/□□□ Feat. 大木美佐子

「本来恋はリズムに乗るものよ」「乗るものですか」「リズムに乗ってスキップをするものよ」「どこかにむかってるんですか?」「恋は天竺へむかうのよ」「天竺?」「天竺にはありがたい教典があるから」「恋はありがたい教典をもらいにいくんですか?」「ありがたい教典には色々書いてあるからね」「たとえば?」「技法よ」「技法」「魚を3枚におろして干す技法」「ありがたい教典に?」「車の鍵をなくしたときの対処法」「ありが...

能動的三分間/東京事変

感情移入抜きであたし、あなたにぞっこんよ。あなたのシンセサイザーを操るその手にぞっこんよ。ぞっこんなんで許してください。あたしがあなたの家に向うことを。家の戸を叩きます。戸はきっと木製でシンプル。少しくすんでいるその戸をあたしは期待を込めて叩きます。叩くことであなたとつながっているよな気がするの。とんとんとんからどんどんどん、どんどんどんからだんだんだんだんあたし、テンション上がってくる、スキップ...

暗黙情事

「先生!先生!たいへんです」「どうしたの?」「先生、たいへんなんです」「落ち着きなさいたけしくん」「これが落ち着いていられますか先生」「なに、話してご覧なさい」「ぼくの教科書に中華あんがかけられています」「ああ、それはつまり」「ぼくの教科書は中華丼だということです」「誰の仕業なのかしら」「8割り方わかっています」「そう」「陳健一です」「中華の鉄人の?」「四川の陳健一」「なんで陳健一がたけしくんの教...

好きにならずにいられない

いられないからかなしいの。だってあなたは彼女のもの。あたしがどれだけ想ったところで、所詮は想うだけなのよ。それでもいいと言いました。たしかにあたしは言いました。だけどもかなしいじゃありません。あたしだって涙を見せるわ。さあ見て、見てこの涙、美しいあたしの泣き顔、腫れぼったくなってしまう。あなたはますます彼女のもの。彼女はきれいな顔をして、あなたの唇を舐めている。あたしはそれを遠くの方から見ているの...

リンパスの危機

リンパスが危ないと聞いた。大変危なく、すでに溶けかけているらしい。溶けてしまったらリンパスがリンパスでなくなる。溶けかけたリンパスは、バリンパスである。バリンパスはどろどろの液体をあたりに振りまきながらこちらにむかってくる。巻き添えにしようとむかってくる。意外なスピードに誰もがびびってしまう。バリンパスの液体に触れると、バリンパスの一部に取込まれてしまう。のうのうと生きていくのではなく、自信と危険...

苦悩するシイタケ農家

いいよ、オマエはさ、そのままでいいからさ、とにかくシイタケを食べてくれ。シイタケだけ食べてもらえばそれで俺の気が済むんだ。俺もけっこう頑張っている。俺も各方面にけっこう気を遣っている。察してほしい。大人なら敏感に察するべきだ。察しないなら大人ではない。子どもだ。まだまだ赤ちゃんだ。赤ちゃんなら赤ちゃんらしくママのオッパイでも飲んでればいい。夜泣きを継続していればいい。さぞかしいたわってくれるだろう...

沈黙を守っている

沈黙を守って数分間、ぼくはまだ生きている。沈黙することが生き残ることだと知っている。経験上学んだこと。沈黙はすべてを凌駕する。だからぼくは沈黙を守る。守っていれば価値が出る。誰にも踏み込ませないことで絶対的な価値が生じてくる。それを時期を見て売ればいい。沈黙は金である。無限大の価値を生む。沈黙3グラムでにわとりが10頭買える。雌鳥を買えばいい。雌鳥は卵を産む。卵は様々な使い道がある。おいしく食べれ...

市を解体したいだけ

解体したいだけ。本当にそれだけ。それ以外はもう委ねます。あなたに委ねますんでええ塩梅にしてやってください、ただ、解体することに関しては譲れません。解体すること前提でここ数年進めてきました。解体しないとなると、様々な弊害がでてきます。逆に解体してしまえば、いいことがこんなにあります。いいですか、解体するってことは、2つもしくは3つにわけるってことです。わけるんです、わけてしまうんです。竹のようにすぱ...

復活を祈ってます

「祈るだけで復活すると思ってるのか?」「復活しませんか?」「祈るだけで復活したら神様いらん」「ははあ」「代償を払わんと復活せん」「代償ですか?」「そうや、払う覚悟はあるか?」「いや、あんまり」「ないんか?ないんやな?もう復活せんでええんやな?」「うーん、じゃあどんな代償なんですか?」「ええか、ようきけ、まずかき氷や」「かき氷?」「かき氷を一気にかき込む」「一気に?」「ひと呼吸も休むことなく一気に」...

ゆずパン

かなしみの果てにぼくは手に入れたぞ。ゆずパンだ。このパンはひと味ちがう。ゆずが挟み込まれている点だけとってもそうなんだけど、もっと根本的にちがうことがある。それは、パンと言う名がついているけれど、パンではないということだ。ではなんなのかというと、ゆずが挟み込まれたパンダなのである。希少動物パンダがゆずをくわえている状態。パンダはゆずなど食べないのだから、希少動物の貴重な行動。かなしみの果てに手に入...

隣で小林が腰に手を当て威圧

「小林の匂いがする」「匂い?」「どこか懐かしいこの匂い」「これが?」「馬糞のようなこの匂い」「馬糞なん?」「馬糞そのものよ、と言ってるそばから背中ぴーん!」「この気配はもしや!」「こ・ば・や・し!」...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。