Entries

スポンサーサイト

泣きそうだ/YUKI

かなしくはないけれど泣きそうだ。もう涙なんかが漏れている。これは涙なんだろうか、よくわらんない。だって、ぬるぬるしてるし、ちょっと目が赤くなっているのでたぶん泣いてるんだろう、あたし。かなしくはない。断じてかなしくはないから。あたしはそんなに簡単にかなしくなったりしないんだから。覚えておいてほしい。ここんとこ、しっかりと覚えておいてほしいものだ。なく、イメージがついてしまったら大変だ。もういらいら...

Green Mockus/SAKEROCK

緑の猿が玄関にいる。やってきて、景気はどうです、だの、寒くてかないませんなあ、と世間話をして帰らない。全然帰る気配を見せない。私にはしなければならないことがあるのに。ブリ大根を作らないといけない。私は今夜食べる分のブリを切り、熱湯にくぐらせてあくをぬき、大根とあわせて煮ないといけない。ある程度時間がかかるから、そろそろはじめないと、出来上がらない。私にとって時間通りに家事が進まないことは非常に強い...

『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』/サカナクション

「響かせてどうするの?」「びっくりさせたいんです」「誰を?」「おかあさんを」「なんでおかあさんをびっくりさせたいの?」「面白いでしょ」「あんまりおもしろくないなあ」「バッハですよ?」「バッハでも、ベートーベンでも、シューベルトでも」「シューベルト!」「なんでシューベルト引っかかったん?」「とにかく驚かせたいんです」「じゃあ響かせなよ」「はい、あーあーあー」「ええと、ちょっと待ってくれる」「なんです...

Emily/Bill Evans

エミリー、あなたはそんなに可愛い顔をして、なんてことをしてくれたの。あたしはあなたを許しません。絶対に、地の果てまで追いかけて復讐するだろう。エミリーは逃げている。あたしから逃げている。姿をくらましたのは昨日。エミリーはあたしの大切なものを奪って逃げた。それがあたしにとってすごく大切だと知っている。いちごのプディング。冷蔵庫の2段目に入っていた。あたしはたしかに覚えている。それが2段目の奥に息をひ...

Give An Infinity For, Or Leave The Building/Youthmovies

脱退したい。この組織から脱退しないと人生狂ってしまう。すでに狂いはじめている。わたしは組織のためになにかの薬品を飲まされた。テンションが上がる薬品だと言う。上司はそういってぱくぱくと飲んだ。むしろ積極的に、楽しむように飲んでいた。これが病み付きになるんだよそのうちね。と言った。そんな薬品をわたしは飲みたくない。怪しい。見るからに怪しい。法を侵す感まんまんだ。しかし、わたしひとりだけが飲まないわけに...

Session/SPECIAL OTHERS

朝起きて、珈琲を入れる。別にすましているつもりはないけれど、ほら、朝起きて楽しいことがあると、一日が楽しいってよく言うじゃない。それにしたがってわたしなりのたのしいことをしてるわけ。それが珈琲を飲むことなの。珈琲というよりも、カフェオレかな。牛乳ベースに薄く珈琲を垂らして、ぐるんぐるん混ぜる。かすかに色づいた茶色のそれをちびちびやるのが朝の習慣。メールチェック。メールはほんとくだらないのが多い。く...

Morning Night And Day/New Order

一日中、いっしょにいたいの!だから離れないで、わたしはずっとあなたのものだよ。あなたと離ればなれになるなんて考えられない。北極の熊が一同に押し寄せて、日本を熊の国にしてしまうぐらいあり得ない。熊の国では標準語がフランス語、熊はフランス語を話すから、会社でもフランス語を使わないといけなくなる。フランス語講座は大人気、フランス留学が大人気、フランスパンも大人気、フランスとつけば売れる型の経済体制になる...

LIFE (the ending)/ACIDMAN

いっしょに生活をしませんか、がプロポーズの言葉だった。生活って、とあたしは返した。で、とせっかちなあなたは答えを促す。しましょうか。あたしはとびきりすまして答えた。それからあたしたちは少し長い口づけをして、珈琲が冷えていくけれど、幸せだった。ラジオが鳴っていた。天気予報で今日は午後から時々雨が降り、虹が見られるところがあるでしょう。予報士は粋なことを言った。キャスターが、素敵ですねえ、と受ける。虹...

Rap City/The Ventures

都会では遊ぶところは捨てるほどある。今日はどこで遊ぼうか。ダーツをしたい。今急に思いついた。ダーツをする大人にぼくは憧れていた。ダーツをする大人をイメージして、思い浮かぶのは西田さんだ。ぼくは西田さんに憧れていた。別に過去形にする必要はない。西田さんはまだ存命だし、今なお憧れているのだから。一緒に歩いてた紀子がダーツバーに行きたいと主張したということもある、なにより。ダーツバーにいた西田さんと、ぼ...

前人未踏のハイジャンプ/スガシカオ

あんまりそわそわしないで、と囁いている。別にそわそわしているわけではない。たしかに、緊張はしている、それをそわそわというならば、ぼくはそわそわしているのだろう。しかし、緊張しているものの、そわそわはしていない。あくまでも。それがぼくだ。そわそわの定義が他と違うのだ。絶対にちがうのだ。ぼくはそう主張する。だいたい、結婚相手の親に会いにいくときに緊張しない人種なんているのだろうか?もしいたとしたら、ぼ...

ヒップホップの経年変化/□□□

「ヒップホップもずいぶん変わったなあ」「なんですか?」「いや、ヒップホップも見ないうちに変わったなあって思ってさ」「そんなにかわりましたっけ?」「え?内田は最近ここにきたの?」「いや、10年ぶりですかね」「それじゃ、俺よりヒップホップみてないじゃん」「そういうことになりますね」「だったら変わったって思わない?」「あんまり思いませんねえ」「そう?」「なんちゅうか、ぼくヒップホップに対してあんまり思い...

It's A Beautiful Day/Pizzicato Five

今日は素敵。とっても素敵、だって棚には、おやつをいつも入れておく棚にはふかし芋!ふかし芋があって、まだ湯気が立っている。湯気がおやつの棚を湿らせていく。どんどん湿らせていって、次になにかおやつを入れたときにすぐに湿ってしまうけれど、あえてふかし芋を入れている。そこから取り出すことが一番楽しいもの、それは譲れない。全然譲れないから。ふかし芋はふかしたてを食べるべきではない。ふかしたては熱くって、口の...

3月29日のバラード/サニーデイ・サービス

「明日、待ってます」と言われ、電話を切った。少しドキドキしている。まだ咲きちゃんの相づちが耳に残っている。咲きちゃんの息づかいが忘れられない。ぼくは恋をしている。咲きちゃんと知り合ったのは、と言ってぼくと咲きちゃんの出会いから今までを説明する気はない。そんなこと言葉で説明できるわけないじゃないか。言葉で説明したら、とたんに色あせてしまう。だからぼくの中だけでそっと毛布をかけておいておくべきものなん...

素人鰻/古今亭志ん生

鰻でも食おうか。鰻だよ、鰻。あの鰻、あの鰻って、他にどの鰻がいるんだよ?ええ?え?鎖帷子をきて槍をかまえる方が鰻、ってそんな物騒な鰻じゃないよ、あたしが言ってんのは、ふっくらと蒸してね、それを香ばしいタレを付けて焼いたの、関西風?関東風?いやそんなことはどうでもいいんだ、とにかく鰻が食いたいんだよ。あたしはね。いこうじゃないかさっそく、もうね、いてもたってもいられないからね、さき、いくよ?いいかい...

Hello, Goodbye/The Beatles

夜道を歩いている。市立病院の下。この街で最も大きな病院で、ヘリポートがある。ドクターヘリがたまに飛んでくる。病院の下を歩くときにはいつも思う。この今の瞬間に、どれぐらい多くの人が病と闘っているのか、無数に並んでいる窓のその向こう側にどれぐらい多くの人が悲壮な思いを持って過ごしているのか。なかには退院間近で暇を持て余している人が要るかもしれない。窓越しに町の風景を眺めているのかもしれない。突然、大き...

都会を走る猫/andymori

猫は走るよ、都会を走るよ。なりふりなんてかまってられない。大切な猫がとらわれの身で、助けるためには走らないといけない。走らないと間に合わない。敵は時間に敏感、猫の敵は時間に敏感な性格。大切な猫は悲鳴を上げている。あんなことやこんなこと、色々と口では説明できないほど卑猥なことをされるかもしれない。ダメ!そんなことされたらダメ!猫は走り出す。いてもたってもいられない。猫が走る様子を見ている、モニター越...

ももとせ/100s

時が経った。もう数えきれないほど時が経ってしまった。わたしはまだ生きているわけだが、すでに何のために生きているのか忘れてしまった。はじめは、生きて帰れば待っている人がいる、と思っていた。しかし、もうそれが誰なのか忘れてしまった。何人ぐらいいて、どれぐらい待っているのか、わからない。記憶が曖昧になりつつある。そんなことではいけないのだ。わたしは頑張って今まで生きてきた。食べられる草と食べてはいけない...

ばらの花 from 京都音楽博覧会2007 [Live]/くるり Feat. 小田和正

ばらの花を贈られた。誕生日プレゼントということらしいが、誕生日は先月のことだ。それはそれとしてダイヤのネックレスをいただいている。そのことを指摘すると、誕生日にばらの花を贈れなかった自分を悔いて、もう少しで首をくくるところだった、これは自分なりのけじめの付け方だから気にせずにもらってほしいと言う。私がでは首をくくればいいのに、と言うと少し困った顔をして、しかしあなたがそういうのなら、とネクタイで首...

シンデレラ/相対性理論

シンデレラ、さあ掃除をしなさい。この世に掃除をするところなんて、掃いて捨てるほどあるわ。吐いて捨てていいほどの掃除をするところだったら、はじめから掃除をしなければいいのに。しませんよ、しませんよ。後から吐いて捨てるところをわざわざ掃除なんてしませんからね、シンデレラ、的確な場所をしっかりと掃除しなさい。あたしたちはパーティに行くわ。王子様が結婚相手を探すことを目的に開催されるパーティに、とびきりお...

もしも/曽我部恵一

もしも、のはなしをしよう。もしも、わたしの口からくちばし生えてきたなら、いったいどうやってキッスをしようか。もちろん相手はくちばしなんて生えていない。くちばしの生えている女の子とキッスするなんて、わたしにはできない。そんな獣とキッスなどしたくない。だいたいくちばしとくちばしをあわせても、かちんと音が鳴り、そこから対決が始まるかもしれないが、甘い恋が始まることはないと思う。いや、キッスをするというこ...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。