FC2ブログ

Entries

手のひらを太陽に/曽我部恵一BAND

手のひらを太陽にすかしてみたが、真っ赤に流れていないんだ。ぼくの手のひらには真っ赤な血潮が流れていない?つまりぼくはロボット、もしくはサイボーグであるということになる。ぼくは混乱した。今まで、人間として生きてきた。人間だと思い込んで生きてきた。正直、人間であるかどうかを検証することもなく、考えることもせずに生きてきた。当然のことだと思っていた。父や母は人間だと思う。だけどそれだって怪しいものだ。人...

交響曲第41番「ジュピター」/RE:MIND ORCHESTRA

博士はついに完成させた。ちょうど助手がトイレに入っているときに完成させた。助手にこの喜びを伝えたい、今まで苦労してきたことが報われるその喜びをふたりで共有したい、けれど助手は今ここにいない。このすれ違いを呪った。博士はたいへんせっかちな性格だった。このすれ違いは決定的なものだろう、と博士は解釈した。そうだ、助手に実験台になってもらおう。偉大なる発明の前に少々の犠牲はやむを得ない。博士は完成させた発...

ソファ/斉藤和義

アンティーク調のソファを買ったのです。飴色になった革張りで、結構な重厚感があります。一目見てわたしは気に入り、購入を決めました。このソファが自分の部屋にあったらと想像し、ほくそ笑みました。ソファは店頭に並んでいたため、いったんチェックし、清掃ををしてから届ける、と店員は言いました。よろしく、と言ってわたしは店を後にしました。ソファにはびっくりするほどの格安の値段が表示されており、さらに店員は、売れ...

音速パンチ/Cocco

思い切り拳を振り上げて、ぼくは殴り掛かった。そうしないとこちらがやられてしまう、これは正当防衛だ。警察もそういって見逃してくれると思う。ぼくの拳は音速で男の脇腹に当たり、鈍い音が鳴る。しかし、ぼくの予想とは違い、拳に凄まじい痛みが走る。男は姿勢を崩すことなく立ったまま、表情を変えない。効いてない?とつぶやいた瞬間にぼくの頬は熱くなり、つまりぼくは男に殴られていた。乾いた音が響く。男は軽く拳を振るっ...

会社員/SAKEROCK

あの人はほんとうに会社員だったのでしょうか?今でもわかりません。あの人が何者なのか。会社員だ、と言っていた。あの人は、ぼくはただの会社員だよ、とにっこり笑った。ネギトロ巻をかじって、その断面をあたしに見せつけてきた後、そう囁いた。どうして断面を見せつけてくるんですか?とあたしは聞いてみたけれど、それには応えてくれなかった。あたしはじっと断面を見つめていた。そのうちに断面はゆらゆら揺れて、ネギだかト...

On The Sunny Side Of The Street/Louis Armstrong

馬車に乗っていたんだ。朝の日差しが差し込んでくる。通りはにぎやかで、ぼくは果物を運ぶ少女を眺めていた。少女は自分の身体ぐらいあるかごを頭の上に乗せて、果物を運んでいた。あれは柑橘類の一種だろうか、ぼくはふいに少女に果物のことについて尋ねてみたくなり、馬車を止めた。馬がひひんといなないたが、通りのにぎやかさにかき消された。ぼくは馬車から降りた。通りはすでに暖かくなっている。行き交う人々の体温がそのま...

...Spooke The Horse (65daysofstatic Remix)/Youthmovies

私が乗っている馬が怯えている。おい馬よ、私はやさしく馬に語りかけた。いったいなにに怯えているんだい?しげる様、馬はちゃんと私のことを名前で呼ぶ。どうして怯えないでいられましょう、ほれそこに魔王がいるよおいらの魂を狙っている。馬よ、それは木の枝だ。木の枝が魔王のように見えるだけだ。怯えることはない。だいたい魔王など幻想に過ぎないのだよ。マクドナルドのドナルドと同じだよ。現実社会には存在しないものなん...

Reach Out, I'll Be There/土岐麻子

あたしはここにいるよ、気付いてほしいけれど、そんな贅沢なことは言わない。決して言わないから、ただあたしだけがここにいて、ずっと見守っているから、一方的な思いだとしてもいいの。あたしはここを動かずに、あなたを見守っている。寝坊して慌てるあなたの声が、響いている。おじいちゃんがあたしの近くに来て、なにかぼやくの。まったく、今時の若いもんは、なってねえな。おじいちゃんは盆栽を見て、水をやり、形を整える。...

野球で言うと/奥田民生

野球で言うとライトやね。ほら、イチローがちょうどライトにおるやん。それと同じかんじ。重要。ものすごく重要なポジションです。草野球で言うと、だいたい初心者が入るよね。初心者が入って、そこにはボールいくな、と祈られている。初心者が妙に深い位置に立っとって、いや、初心者やってバレて狙われるからお前、もうちょっと前、そう前、前、前、行き過ぎ、ってなる。ライト。イチローなんかで言うと、すごい送球して話題にな...

Amanojaku/androp

嫌い。ぼくは嫌いだ。あんなことをするみのりは嫌いだ。みのりはもっとおしとやかにあるべきだ。おしとやかに紅茶なんかをゆっくりと飲んでいるべきだ。フランスの映画を見るべきだ。フランスのゆっくりしたテンポの、余ったる台詞がばんばん登場する映画を見るべきなんだ。映画を見て、そっと涙を拭くべきだ。ヒロインの不運を悲しんで、だけど、すぐに忘れてしまう能天気さを持っている。それがみのりだと思う。好き。あたしは好...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR