Entries

スポンサーサイト

蟹田駅前広場休憩所

カニ駅長が横歩きしかできないと思っていたら大間違いだ。カニ駅長は器用に立て歩きもできるし、スキップもできるし、前転後転、Y字バランス、なんでもござれだ。カニ駅長を見ていたら、なんだか自分にもできるような気がしてくる。これは自信だ。蟹と言う生物に対する優越感を感じているのだ。カニ駅長が駅長として成り立つ背景にはたくさんの人間が絡んでいる。蟹に何ができるのか、ハサミもろくに役に立たない。少し痛いくらい...

ピラニア・ナッテリーの主張

わたしが、公園の水路にいたわけですが、まずそもそも、わたしが強制連行されてこの国にやってきたということを知ってもらいたい。わたしは観賞用として、とらえられ、船に乗り、はるばる個の国にやってきたのです。別に自ら進んでやってきて訳ではありません。決してありませんからその点は注意してください。それだけなら、いいでしょう。わたしもアマゾンの川で平凡に生きていくだけでは面白くない。血踊るような冒険活劇を話し...

クラブでダンスする若者たち

クラブでダンスして若者たちかなしみを押し殺して涙を拭いた若さを持て余して汗をかいた肉汁の溢れたものを食し声をかける彼女のヒップは上々だった音楽が鳴り止めば光が消え唇に塗りたくった化学物質を交換する覚悟で吸い込んでみた壁際にもたれかかる陰鬱な君は俺になにかを夢見ているんじゃないのかミックスジュースを頼んで子どもを演じる腕時計は狂っていて時が進むのが早い激しく踊る女が香水の匂いをまき散らしながら俺の足...

おはようオーパーツ/相対性理論

相対性理論は実体のない。実体が見えない。見えにくいだけかもしれないけれど、いくら近づいても触れない。かすかに透明になっている。透明がかっている。幻?科学で説明できないようなことがおこるものですな。雨上がりに虹が出たらば、気をつけてくださいな。狐がだまそうとしている。虹が出ると狐の能力が高まるというわけです。虹に照らされることにより、普段の何倍も力を発揮できるようになる。それが狐です。近年はあまり里...

白く染まっちまった鹿児島市

染まっちまったんだよ、白く白く。もう元に戻れないぜ、戻るためには色々な手続きが要る。そんな面倒臭いことを誰がするって言うんだよ。言ってご覧よ。白も悪くない、俺はそれほど嫌いじゃないよ、だからいい方に考えることだ。これは試練だ。または転機だ。これを機に新しい人生を謳歌しようじゃないか。まだ遅くない。ダンディだってもてるかもしれない。なんだかダンディじゃない鹿児島市、いっしょに飲もうかしら、と娘さんが...

アセロラ体操のうた ハンバート・ランゲージバージョン/ハンバートハンバート

アセロラ体操のうたです、CMのために作ったのでしょうね。たいへん陽気にみつうらさんが踊っている印象がスゴく強いです。彼女は音痴なので現場はたいへんだったそうで、リズム感も皆無で苦労したとラジオで言っておられました。だとしても仕上がりを見ていると楽しそうです。いいかんじで年を重ねていますよね。そのうち、突然変異できれいになるんじゃないでしょうか。50を超えた辺りで、ええ、そんなに綺麗でしたっけ?とつぶ...

仏の高級洋菓子店

仏の渾身、洋菓子はすでに完成した。後は並べるだけである。レイアウトの技術が仏にはなかった。だいたい仏は洋菓子を作る、までは完璧にこなせるのに、それを効果的に売ること、例えば綺麗に並べることが苦手だった。いつもは弟子にやらせる。そんなこと俺にさせる気か、と怒鳴れば自然にやってくれる。今回もそのつもりだった。けれども、弟子は彼女とデートに出かけた。スカイツリーに登るそうだ。馬鹿野郎が、と仏は吐き捨てた...

337番

337番はあくびを殺して跳ねた、水槽は低く、空は青かった。...

僕が白人だったら/andymori

アンディモリと読むんだと知ったのはごく最近、それまでは濁して読んでいた。今更聞くのも恥ずかしいし、いつか誰かが読んだときに覚えておこうと思っていた。だからもしかしたらその人が間違っているのかもしれないけれど、間違っていたとしてもアンディモリというのはなかなか響きがいいし、読んだその人のことがけっこう好きだから間違ったままでいようと思う。その人はいつも自信たっぷりであたしはその堂々とした態度に辟易し...

金曜日、修行僧を縛る2

映画が終わり、エンディングクレジットが流れていく頃、あたしはすっかり眠っていた。すやすやと寝息を立てながら眠っている。すでに金曜日は始まって、あたしは寺に忍び込まなければならなかった。焦った。あたしを見下ろしているあたしは焦った。なにをのんきに眠っているのだ、さあはやく起きて寺に忍び込もうではないか、と身体を揺すった。起きたのは昼過ぎで、寺に忍び込むには少々明るすぎた。忍び込んでもすぐにみつかって...

METAL FICTION/ZAZEN BOYS

これはもう念仏じゃないか。念仏をぶつぶつ、男が一人、暗闇でぶつぶつ。カラスが上をまわっている。男が力つきるのを待っている。うとうとと眠った瞬間に飛びつくのだろう。頭に突進し、脳みそを喰らうのだろう。カラスが急降下する。男が頭をふらふらとしたから。カラスは飢えている。もう何日もろくな食事をしていない。男はわかっている、カラスに狙われていることを、頭をふらふらすれば突進してくるであろうことを。だから、...

金曜日、修行僧を縛る1

忍び込んでみれば簡単なものだった。まったくこんな無防備じゃあ盗人も盗み放題じゃない、とあたしは思った。大きな寺が家の近くにあって、いつも通り過ぎていた。その頑丈な門はいつも閉ざされていて、あたしは中身が気になった。気になって気になって仕方ない。あたしは中身が知りたい。とにかく教えてほしかった。中身を何でも知りたがる子、としてあたしはけっこう有名だった。そこらへんじゃ有名だった。木曜日、あたしは準備...

LOVE-SICK/曽我部恵一BAND

曽我部恵一バンドのビレッジバンガードライブ版より、にぎやかです。たいへんにぎやかで、楽しそう。歓声が時々聞こえて、それに答えるバンドの面々がそれぞれいい仕事をしている。ああ、いいバンドだなあ、と思えます。恋の病にかかってしまったのだ。当分の間、治りそうにないのだ。恋の病とつき合って行く必要がある。くすりを投下され、その副作用と戦いながら生きて行くのだ。それほど辛いことではない。なにしろ恋の病、胸は...

打ち上げ0.5秒前のコンピューター制御

カウントダウンが順調に進む。なにもかも思い通りだと思っていた。俺の未来は順風満帆、思うのが少し早すぎた。打ち上げの、ほんの少し前、コンピューター制御がかかった。なにか不具合があったのだ。人間には気付かないほどの小さな不具合、俺は打ちあがるものだと思っていたから笑顔になっていた。そうだ、うち上がり、視界から消えるまで、視界から消えてからも帰ってくるまで気は抜けないのだった。そう言われていたのだ。すっ...

Festival/Sigur Rós

ポストパンクだと言う。その言葉の意味をあまり知らないけれど、開放感溢れるジャケットと視聴機のヘッドフォンの良さから購入してしまった記憶がある。そんな体験ができるからこそ、CDショップは貴重だよね。けれど今、CDは売れていないそうだ。仕方ないだろうね。ダウンロード購入が時代の潮流だ。もしくはレンタルで簡易にすませてしまう。iPodなどの機器はCDそのものを必要としない。データをやり取りする時代になってしまった...

超短編18

軒先で赤ん坊がおんおん泣いている...

サティスファクション/真心ブラザーズ

まだいるよ、真心ブラザーズ、ちゃんと活動してて、今円熟期にさしかかってるよ。逆にすごく活動的だよ。声がいいよね、野太い、だそうと思っても出せない系の声。この声で歌われたらもうついて行くしかない。有無を言わせずついていきますんで、あとはよろしくお願いしますって言っとく。声はすれど、実態は見えず、ふらふらとひとり歩いているように見えるけれども、あの子、大丈夫?ってまわりの人に心配される。それもそのはず...

短編の感想書いてみました。5月分

手紙草食系かと思いきや、大胆なやつですねまったく。それで成立すると思うな!と叱り飛ばしてやりたいところです。まあ案外お似合いなんじゃないですかね。バランスがいいですよね。あ、しっかりと感情移入できましたんで、よし。じゃないですか。物語としてはあとひとひねり、ほしかったかなあ。荒廃した町と始まりなにかのメタファーなのでしょうか?あ、メタファーの使い方あってる?原発事故を感じました。化学物質が中から出...

ポーランドの大学生

ポーランドから来たらしい。生物の勉強をしにきたと説明された。けれどもそんなそぶりは見せない。生物の勉強など何もしていないように見える。他人から見えない所ですごく勉強をしている可能性はあるものの、だとしたら立派なものだけど、そうではない。打ち込めるものを見つけたのだと話していた。だったら別にいいじゃないか。とぼくは思う。今時打ち込めるものを見つけられる人なんて少ない。なんとなく勉強して、なんとなく就...

雨女ゆきりん

ゆきりんは両手を伸ばし、雲をつかみ取ろうとした。当然、届かない。ゆきりんは眉をしかめた。自分で想像しているよりも雲は遠くにある。もういちど、今度は思い切り手を伸ばし、雲をつかみ取ろうとする。雲はとてつもなく離れているような気がする。けれど雲をつかみ取りたい。雲さえ自由にならないなんて、雨女としてのプライドが許さない。雲をしぼって雨を降らせるのだ、雨を待ちわびる民のためび雨を、大量の雨を降らせるべく...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。