Entries

スポンサーサイト

法師の右フック

法師は右フックを得意としていた。彼の右フックが世界を制するかもしれない。と解説者は囁く。法師が右フックを使えば次の瞬間、そこにあるものは倒れた挑戦者と、カウントをとるレフリーだけだった。静寂が舞い降りた。それぐらい自信を持っていたから、最後に頼るのも右フックだった。借金取りに追われている時も、右フックがすくってくれた。痴漢に間違われた時も、右フックにより解決した。屈強な駅員も彼の右フックの前ではた...

短編の感想を書いてみました2月、その1

究極の愛 愛、なのかな。ねじまがってますね。いけません、彼女を確保し、入院させねば、なりません。なんにんもの命が失われるのです、一刻も早く処置を。男女の関係はまったく複雑で、極めることなんざ、できません。思い込みって一番怖いよね。…いや、何言うとんねん、私、7やるせない男の許せない午後まあ、ここまでさっぱりと潔いと思わずわらってしまいますね。軽い軽い、たぶんなんの意味もないのでしょうよ、酔った勢いか...

仏像、海を渡る

船に乗ろうと思った。それだけだったきっかけは、はるか遠くかすんで見える。波の揺らぎに身をまかせようと思った。たどり着く先のことなど、二の次だった。海を渡れば新しい世界が待っているのかもしれない。いや、待っているのだろう、だって、皆言う。人生観が変わったと。あるいは、人生に広がりを感じると。知らねえ、と仏像は思う。そんな変化、別に体験したくないし、おそらく変わらないと思っている。海を渡るぐらいで、変...

ガール、フライ、ガール

ガールは瞳を開く。一瞬、目を閉じて考えていた。今何が必要か、何をすべきか。わからない、けれど考えてみる。ガールは手を挙げる。天に向かってまっすぐに、手は伸びるし、背筋も伸びる。ガールは前を見ている。飛び立つ準備はできている。飛行体勢に入る。ガール、おまえが飛ぶのなら、と聞こえてくる。誰の声かわからない。けれどもガール、耳を貸す。なんという余裕、すでにガールは滑り降りている。スピードは上昇し、ガール...

フォロー・ミー

フォローしてね!フォローしてくれたら、それなりのお礼をします。フォローしてくれるんだもの、きっと喜んでもらえるようなお礼をさせてもらいます。たとえばわたしが今手に持っているりんご、これをナイフで半分にわけて、それをあげるつもり。ちょうど半分に切れなかったら、大きい方をあげるつもり。わたしはりんごがあまり好きでない。甘酸っぱいりんごはジャムにしてトーストに乗せて食べるのはいいけれど、そのままかじるの...

つぶやきっつうても所詮妄想やろが

春子@harukoすれ違った年寄りが私の腰をみて言う、そのパンツは見てよいのだな?これ見せる用下着なので可と答える。年寄りは破れた部分をぺろぺろやってきて、じじいこら、なめてええ言うてへんやろが。いや見てるだけ、ほらこうやってべろん、としつこいから、母性本能を発動させじじいの額をなでた。蝿@hae神様がご褒美だと、1時間だけ無学な年寄りにしてくれた。それぐらいが限界、と神様は言った。歩いていると女がいた。見...

はい、子ども電話相談室です

はい、子ども電話相談室です。こんにちは。お名前と学年を言ってください。はい、はじめまして、おさむくん、では質問をどうぞ。質問は、おばあさんの耳はどうしてそんなに大きいの?と言うことです。この質問はグリム先生に聞いてみましょう。先生お願いします。おさむくん聞いたかな?それはおさむくんの声をよく聞くためだよ、ということです。おばあさんに学校のことなんかをたくさん話してあげてください、はい、わかったら、...

かざらない 3

彼女は自分が、彼の家族の絆を引き裂いていることに耐えられなかった。自分さえいなければ、が口癖になった。そんな彼女を庇いつつも彼は、彼女のかざらなさにいらいらし始めた。家族のことはどうでもいい、姉など、遅かれ早かれ施設に送られていただろう。彼女はきっかけに過ぎない。どちらにせよ俺の知ったことではない。それよりも衣装だ、コスチュームだ、靴下だ、口紅だ、飾ってくれたら何もいらない、頼むからかざってほしい...

かざらない 2

気づいたら散弾銃を持っていた。ふたりの血潮を浴びて視界が赤くなっていた。裁判員も同情の余地ありと重い刑を受けずにすんだが、女にとってはどうでもよかった。罪を償い、無気力なまま日常に戻った。女のまわりには誰もいなくなった。死にたいとも思わなかった、ただ何をするにも億劫だった。幸い、と言うべきか両親が残した財産があり、生活に困ることはなかった。次第に人間関係は薄くなり、ついに誰とも連絡を絶った。わずか...

短編の感想を書いてみました1月、その3

小人の夢急に何?的な展開を見せました。冒頭からの不気味で痛々しい雰囲気がたまりません。それだけに後半やや失速したかと感じます。足を手術した母やらでてきて加速させるのかとおもいきや!まあその選択も意表をつくという意味で成功していますが、好みは突っ走ってほしかった。7最後のデザートなんだか、ため息が漏れます。ついでに、やれやれ、とつぶやけば、村上春樹的な人物の出来上がり、ということで、とにかくインパク...

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。