FC2ブログ

Entries

平成4年/上半期/芥川賞

(多和田葉子作/犬婿入り/一行目は)

―昼下がりの光が縦横に並ぶ洗濯物にまっしろく張りついて、公団住宅の風のない七月の息苦しい湿気の中をたったひとり歩いていた年寄りも、道の真ん中でふいに立ち止まり、斜め後ろを振り返ったその姿勢のまま動かなくなり、それに続いて団地の敷地を走り抜けようとしていた煉瓦色の車も力果てたように郵便ポストの隣に止まり、中から人が降りてくるわけでもなく、死にかけた蝉の声か、給食センターの機械の音か、遠くから低いうなりが聞こえてくる他は静まりかえった午後二時。―

「樋口君!まるがなくても息継ぎしていいんですよ!誰か!保健の澤田先生呼んできて!」
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1174-60b6aa4a

トラックバック

コメント

[C694]

私からみたらただの保守派です。彼女は。

保守派キライだわ~

きれいでも賢くないと。
賢くてもきれいでないと。

右翼となんらかわりはないでしょう。
  • 2012-09-11 15:33
  • よりえ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR