FC2ブログ

Entries

まぐろ その22(ティッシュ配り編)

「まぐろ その22(ティッシュ配り編)」

人通りが激しい表通り、少しざわついている気がするのは気のせいではない。ティッシュを配っているマグロのせいであった。見るものは我慢することなくよだれを垂れた。その一角のみ、ぬるぬるになり、交通は混乱していた。ぬるぬるの中に焼け付く太陽が反射し、きらきらしていた。マグロはティッシュ束を左手に持ち、右手で配っていた。マグロからティッシュを受け取るものはマグロのその立派な肉体に見とれ、ティッシュを落としてしまうこともしばしばあった。落ちたティッシュはすぐにぬらぬらのよだれにまみれて使い物にならなくなった。マグロはそれでも配り続けたのだ。マグロが与えられた分は一般のバイトがする半分にも満たなかったが、マグロの手際の悪さから言えば仕方ないことだったろう。マグロは不器用であった。2歳児ほどの器用さであった。実質何もできない。ティッシュを配るといっても、寝転がってティッシュに触れているうち、誰かがそれを掠め取ってくれるのを待っていると言うようだった。掠め取ってくれる人ありきの方法であった。掠め取ってくれる人はあとから後からでてきた。だからマグロはこの仕事を続けているのだ。それにしても、マグロは大丈夫なのか、と誰もが思っていた。こんなところに寝転がって傷んでしまうではないか、なんともったいないことか。マグロは目を閉じた。限界に近かったのだ。それから、ケーンとひとつなき、ティッシュの束の中心で、大きく放屁した。一瞬ざわついて、またすぐに町の喧騒にまぎれた。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1190-e72ad171

トラックバック

コメント

[C434] す、すみません

はい、気をつけます。ご迷惑をおかけしてすみませんでした・・。
  • 2009-02-08 08:11
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

[C435] Unknown

すいません、三四郎さんが毎回ブロック番号を間違えているのです。。
ブロック番号は毎回変わるのでその都度確認していただけるとありがたいです><
  • 2009-02-06 23:43
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR