FC2ブログ

Entries

昭和14年/上半期/芥川賞

(長谷健作/あさくさの子供/一行目は)

―いつもなにか告口のたねはないものかと、かぎ廻ってでもいるような零子だが、今朝はそうしたいやみもなく、真剣な面持ちであった。―

背に銃をつきつけられいるのが愛犬のジョンだ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1219-eaaee49d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR