FC2ブログ

Entries

精鋭の革命防衛隊投入

より選りのものたちだ。間違いない。まず風貌からしてひと味違う。俺は、あるいはあたしは修羅場乗り越えてここにいるんだから、という気概が感じられる、その表情、その匂い、その目、様々なところから感じられる。そして何より、サランラップを腹に巻いている。一人残らず巻いている。防御力からいえば、何のプラスにもならないほどの薄さで、おそらく銃で撃たれれば致命傷になりかねないがしかし、革命防衛隊はひとりのこらず腹にサランラップを巻いただけのスタイル。それが一体何を意味しているのかはわからない、よく強いものが見せる寡黙さで、黙ったまま、タバコをのみながら命令を待っている。あるいは革命が始まったら自動的に決められた通り動くのだろう。何か聞こうものなら、じゃあお前はサランラップの強度を知っているのか?と問われ、いや、あんまり考えたことないからわかりません、とか応えたら、それ見たことかと殴られそうな雰囲気がある。そして私は革命の勃発の合図、いつだそうかいつだそうかセブンイレブンで立ち読みしながら、考えている。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1259-63aeca52

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR