FC2ブログ

Entries

大将

結婚式が終わり、やれやれとふたりで居酒屋を探した。それまでの疲れやら、気苦労が一気に押し寄せてきて、本当はホテルでゆっくり休みたかったが、せっかく沖縄に来ているのだからと、地元のものを食べようと歩いていた。リゾート地でなかなか本当に美味しそうな沖縄料理を食べさせる店は見つからず、観光客向けのいかにも沖縄料理を楽しんでください、という意図が見え見えな店の横を抜けていった。ホテル内で様々な施設があって、それを利用することで事足りるようになっているリゾートホテルで、敷地から一歩出ると道路沿いに一軒、しばらく歩いてまた一軒と、ところどころ転々と居酒屋らしき店があった。僕らはなるべく観光客向けでない地元の味を味わえる店を目指して、今日の結婚式の反省をしつつ、あるいていた。疲れてはいたが幸せだった。沖縄のメイン道路を歩いていたから交通量は多く、結構うるさかったが、海から吹いてくる風の匂い、しだいに湿ってくる髪をなでながら、エンジン音に混じって遠慮がちに聞こえてくる波の音に耳をすませた。ホテルから20分ほど歩いたところに、ぽつんと灯りがともっているちいさなログハウスがあって、どうやら沖縄で活躍する何人かの作品を集めた雑貨屋だったが、そこに立ち寄ることにした。たたずまいがなんとなく可愛らしく、そういうところに立ち寄って作品を見るのもいい思い出になるんじゃないか、と思った。その4畳半ほどのスペースに所狭しと作品は飾ってあった。沖縄ガラス、陶芸、絵手紙、貝殻のオブジェ、すこし暗いの店内で、店主はいらっしゃい、と沖縄のアクセントで迎えてくれた。沖縄には結婚式できたの?そうです、いい天気でよかったね、ありがとうございますとそのトーンが穏やかで低く、声は波のように寄せては返して、届いた。そこで魅了に味のある沖縄の丼茶碗を買った、ちょうど探していたので、と彼女は喜んでいた。大将は、その柄の意味を丁寧に説明してくれて、これあげるよ、とポストカードを包みに入れてくれた。新婚さんだからね。それから大将の教えてくれた居酒屋に入り、思う存分、といっても結婚式でたくさん食べた後だったため、それほどたくさんは食べられなかったけど、なによりふたりで食べることが楽しくて君はオリオンビールをおかわりする。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1296-4c29fbd3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR