FC2ブログ

Entries

用水路に鳩100羽の死骸

隊長は何も言わなかった。何も言わずに突っ込んでいった。俺の生き様をお前ら見とけよ、と無言のうちに伝えた、と史実は伝えているが実際は、ただ、テンションが上がってふらふらと突っ込んでいってしまった、なんか楽しくなりそう、という漠然とした感覚に身を任せて、ただ本能に正直だったにすぎない。後世の人々が好意的に解釈し、それを正義の勇気ある行動とした。それを見習って続いて部隊は活発に動いた。というわけでもなく、隊長の本能を、感じ取り感化されたその肉体のままに行動したわけだ。活発に突っ込み続ける。それが全く無意味であろうとも、何ら効果をもたらさないことであろうとも、関係がない。本能は偉大である。結果的に100羽余りが用水路に死骸としてある。勇敢な獅子、として長く永遠に奉られているが実際は、阿呆の集団である。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1339-ae28c258

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR