FC2ブログ

Entries

鴨場

ここが鴨場かあ、と父は言った。心底憧れ続けた鴨場にようやく来れたと言う感慨深げな声で、しかし、予想以上に何もない場所だったから、一縷の戸惑い。それから父はしばらくうろうろと歩き回り、ここがあれで、ここがあれで、などと独り言。10分後には気が済んだのか、表情がなくなって、ぼんやり一点を見つめている。酸いも甘いも鴨場にある、との言葉を信じきった60年である。父は今何を思っているのかしら、わたしは少しうしろでその狭い背中を見つめていた。ふいに父の背中が震えているのに気づいた。夏が終わり、秋に入りかけているとはいえ、まだまだ汗ばむような陽気である。憧れ続けていたものが何ら変哲のない場所だったと知り、父はショックを受けているのかもしれない。それか、また発作だ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1378-ad58d7ff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR