FC2ブログ

Entries

今夜ちょっと君に電話しようと思った5

(34)

で、わたしもおいとましようかしら、誰に言うでもなくごちそうさまでしたと立ち上がり、来た道をそのまま戻ろうとするのだけれども、おお、何だこの迷宮は、ラビリンス全開の店内、徘徊するわたし、どどどどこが出口でしたっけ、うろたえる。で、階段上ってきたような気がして、そうさね、とりあえず降りてみようと、降りましたけれども、違う、ここは入ってきたところと匂いが違う、わたしは別の次元に迷い込んだ子羊なのだ。このままでは次元の間に飲み込まれてしまうぞ、気をつけろ。と長井風に独り言をほざいていたら、通りかかった店員さんが例の老舗の傲慢さをかもしつつ「どうしたんでやんす?」と聞いてくれた。「どこにむかえばよおござんすか?」「出口でござんす」「出口はわかるのですが、どこが出口でござんすか?」「下でござんす」「下なのはわかるござんす、どういったら下の出口に着くのでしょうか」で案内してもらいました。あ、ここか、お金払いまして、ありがとうございました、という声を背に、途端、雷門がよく見える、浅草っぽい場所に立っている。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/150-75d5aaf4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR