FC2ブログ

Entries

ケータイを叩きつける、惑星に

あんなに心配したのにわたしのことなど何一つ思っていなかったあの人は、今日も彼女のもとへ向かうのでしょうか。着信音。鳴り響くもわたしは泣き濡れて風呂の中沈んでいるんでもどかしや。ああもどかしや、もどかしや。つまり沈んでるし全く耳に届いてない。着信音。あの人は、ゼリーが好きで、あたくしはいつも冷蔵庫にゼリー、用意して待っているのに、それに対して何も言わずに悔しいわ。ちゃんと食べ尽くして帰るくせして、感謝のひとつやふたつやみっつなど言えばいいものを悔しいわ。着信音。この数え3度目の着信音があたくしの耳にようやく届きまして、あの人かしらと湯から飛び出るユリイカ!無性にそんな気がしたんでバスタオルでかきむしる皮膚、赤らむも気にするか。水気を完全ではなくもそこそこ取りましたら、リビングへ漕ぎ出でてみればかすがなる、ケータイ動かずそこにある。ぴっぴぴぴぴぴボタンを押して、メールチェックオーケー?あの人のメールだ、すぐさま開きますと「アホが見るブタのケツ」
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/163-781812e5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR