FC2ブログ

Entries

君が素敵だった事、忘れてしまった事4

(41)

で、壁際に積んである浅草のりを、う?んう?ん言いながら、見ていると、おばちゃんが、おいしいよ、と突然声かけてくる。突然だったのでわたしはびくっとなってしまい、そしてためらいがちに振り向いて、そうなんすか、と返す。で、いくつかのりがあるわけなんですが、この値段が違いは、どういうことなのだろうとか思いまして、「これらはどう違うのですか」「やっぱり高いのはおいしいんや」関西弁?「はあ、やっぱりそうなんすか」「まあ、なんやかんやいうてもそんなかわらへんねやけど」どないですか「同じですか」「どれもおいしいわ」「なるほど」とても不毛な会話をしているような気がして、実際してるんですけれども、ではこれを、と1000円のを買って店を後にしたわけです。あ・・・・した、と野球部のように略したありがとうございました、を背に再び人ごみにまぎれる、そろそろ疲れてきたので、寝床へ帰るか、とか思いながらです。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/165-de3d8346

トラックバック

コメント

[C52] あら、そうなの?

あ、あれ有明産かあ?、まあそうでしょうね?東京湾で海苔を取るなんていうのんびりした場面想像できないですし。

まあ、浅草のりという名前を食べるんだ、と思って食べたらそういう味がするから不思議です。

関西弁もひとつのブランドになりましたね?、
関西以外の人が使うとなにか妙な空気を演出できます。これうまく使い分ければ、何かと有効ですよ。きっと。
  • 2006-10-01 20:29
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C53] 浅草のりかあ・・

東京湾で海苔が取れなくなってもう40年くらいになるんじゃないかと。ま、浅草で売ってるから浅草海苔っちゅうことも言えるか。多分、有明海苔が正しいんではないかと。
関西弁っていうのが怪しくも可笑しいです。でも、あたしもときどき何となくまねしたくなるんです、関西弁。これ、どういう心理なのかわかんないですがね。
  • 2006-10-01 00:31
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR