FC2ブログ

Entries

Rust,AUSTRIA(世界のドア)

Page3

中央に小さなドアー、それを囲んでいる大きなドアーがある。中央の方のは、子供用ペット用で、大きなものは大人用、そんな風にも見える。それらのドアーの色は黒であり、模様がある。3という数字がちいさくドアー上側についている。模様は、ドアーの中心から広がっていく星型。そして、ドアーを囲む柱、ちょっとした屋根、壁は黄色、左右対称の模様、贅沢でどこか物々しい出窓がふたつ、それも左右対称、ドアーのすぐ上にある。やがてその窓が開く、向かって右側の、いや、左側の窓が開くゆっくりと、ぎぎぎぎぎと音を立てながら。完全に開く、がそこには誰もいない。続いて開きだす向かって右側、やはりぎぎぎぎぎと音を立てて、完全に開く。誰もいない。部屋の中は暗すぎて見えない、差し込む光だけでは、部屋の中をはっきりと照らすには頼りない。逆に暗闇が漏れてくる。そんな気がするぐらい向こう側は暗い。と突然、左の窓にむっくりと立ち上がる人影。彼が、あるいは彼女が、何かを投げる。その白いものがふわりと風に乗り、すぅっと流れていく。と右の窓にむっくり立ち上がる人影。ふたつの影が近づいて窓枠から消えて、中央に重なる、ぐらいの時、近づいてくるものが、やがて紙飛行機だと気づいて僕の足元に見事に着陸したんだ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1758-38624f76

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR