FC2ブログ

Entries

イタズラ少女

あたしは幽霊なんて信じないから、ばかばかしくて笑っちゃう。白い服着て、髪を垂らして、暗い入り口の所に立っているだけで入ってきた人はみんな驚く。例外なく。崩れ落ちる人もいるし、悲鳴を上げる人もいる。ある人なんて怒って殴り掛かってきたし。暴力はいけない。驚いた自分が悪いんじゃない、そんなこともわからないで大人やってるのかしら。年齢の高い人がだいたいそう。築き上げてきたプライドってやつ?が理性を崩壊させてかよわきあたしに向けて放出する。グーで殴り掛かるなんて、野生丸出し、原始人でもことわってから殴り掛かるってもんよ。オラウータンならフェイント入れてくるから気をつけろ。そんなある日でした。いつものように入り口に立ってると、寒気がするんですよ、あれえ、妙に変だなあおかしいなあおかしいなあ、て思いながらもね、あたし、ずっとたってたんですよ。これも仕事のうちだ自分に言い聞かせてね。そしたら入り口からすぅっと何かが入ってきたんです。人かなと思いましたけど、人にしては小さいし早い、あたしの正面を通って奥へ、あたしの動体視力ではそれをはっきりとらえることができなくてねえ、夜のビルの入り口でそんな奇跡の運動神経の持ち主が眼の前を通るなんて、変だなあ怖いなあ怖いなあ、とあたしもうやめようと、牛革のジャケット羽織ったんですよ。するとひやっと冷たい、あたしのジャケット濡れてるんですよ。熱帯低気圧をともなった台風が通り過ぎたようにべちょべちょに。うあああ、てあたし思わず叫んじゃってね。怖いなあ怖いなあと思いながら入り口から外に出たんです。そしてあたしが今さっきまでいた場所を振り返ってみて見ると、そこに濡れた蝶ネクタイのメガネかけた中年アナウンサーがいて、手を振っていたんですよ。あたし、あっと思ってそのスタジオの上を見ましたよ。そこに書いてあったのはめざましテレビ。あたし間違ってめざましのスタジオに迷い込んでたんだねえ。軽部さんに笑われちゃったよ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/1811-48184b39

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR