Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2037-edf7398c

トラックバック

コメント

[C692]

主義とポピュリズム スタークもロングも最初は、ジャックと同じように純粋に貧しい者を救いたかっただけか もしれない。そのための手段としての独裁がいつの間にか目的にとって代わったのかもし れない。大衆のための政治が独裁者を生む、ポピュリズムは民主主義の落とし穴である ヒューイ・ロングは今も賛否両論を呼び続ける存在だ。ロングはルイジアナの多くの人々 にとって志に殉(じゅん)じた英雄であり続ける。彼の死後も市庁舎前には今も彼の彫像 が立ち、彼の息子ラッセル・B・ロングは父の威光を背負って、1948年から87年まで、39 年間にわたって上院議員であり続けた ロングの名前は今も、ポピュリズムや富裕層への増税を語るたびに蘇(よみがえ)り続け る。ピュリッツァー賞を受賞した評論家ジョージ・F・ウィルはブッシュ政権によるイラ ク戦争に真っ向から反対した保守本流の政治評論家だが、オバマ大統領が年収100万ドル 以上の金持ちに課税すると提案した時、「ヒューイ・ロング的だ」と批判した 逆に、ヒューイ・ロングについての研究書『抵抗の声たち』(1982年)などの著作がある コロムビア大学教授アラン・ブリンクリーは、「前政権が起こした経済崩壊と戦うオバマ は大恐慌と戦ったローズヴェルトであり、そのオバマの足を引っ張る右派草の根運動の ティー・パーティこそがヒューイ・ロングだ」と論じた オバマの支持者にも、改革が共和党の反対によって進まない現状に苛立(いらだ)って 強硬策を望む人々も少なくない。「オバマは大統領令をがんがん出して強引に押し切るべ きだ。ローズヴェルトのように。いや、いっそヒューイ・ロングのように」と。国民の幸 福のためにはある程度の独裁も止む無し、「卵を焼くには卵を割らなきゃ」と。しかし なぜ、オバマは決して大統領令で強行突破せず、常に交渉と説得を忘れないのか、それを 考えたほうがいい。強い指導力と独裁は紙一重なのだ 英語には「Be careful what you wish for(願い事には気をつけなさい)」という警句があ る。誰かが願いをかなえてくれる時は必ず代償を支払わされる、という意味だ。たとえば W・W・ジェイコブズの短編小説『猿の手』(1902年)で「200ポンド欲しい」と願った ら、息子が事故死して保険金が200ポンド支払わ
  • 2012-09-11 05:24
  • よりえ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

いかにもポピュリズム政党

いかにも。わしはポビュリズム政党であり、ポリンキーでもある。かくかくさんかくポリンキーであり、サンドウィッチでもある。サンドウィッチの卵はおいしいから大好きだ。清き一票を。わしのこの角度に清き一票を。いただければ、わしは喜ぶよ。とても喜ぶよ。心配いらんよ。わしは元気やで。まだ生きてるで。散々心配かけて申し訳なしやったけれども、まだ生きてるで。呼吸しとるで。二酸化炭素はきだす生物として、胸をはっとるで。鳩のようにはっとるで。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2037-edf7398c

トラックバック

コメント

[C692]

主義とポピュリズム スタークもロングも最初は、ジャックと同じように純粋に貧しい者を救いたかっただけか もしれない。そのための手段としての独裁がいつの間にか目的にとって代わったのかもし れない。大衆のための政治が独裁者を生む、ポピュリズムは民主主義の落とし穴である ヒューイ・ロングは今も賛否両論を呼び続ける存在だ。ロングはルイジアナの多くの人々 にとって志に殉(じゅん)じた英雄であり続ける。彼の死後も市庁舎前には今も彼の彫像 が立ち、彼の息子ラッセル・B・ロングは父の威光を背負って、1948年から87年まで、39 年間にわたって上院議員であり続けた ロングの名前は今も、ポピュリズムや富裕層への増税を語るたびに蘇(よみがえ)り続け る。ピュリッツァー賞を受賞した評論家ジョージ・F・ウィルはブッシュ政権によるイラ ク戦争に真っ向から反対した保守本流の政治評論家だが、オバマ大統領が年収100万ドル 以上の金持ちに課税すると提案した時、「ヒューイ・ロング的だ」と批判した 逆に、ヒューイ・ロングについての研究書『抵抗の声たち』(1982年)などの著作がある コロムビア大学教授アラン・ブリンクリーは、「前政権が起こした経済崩壊と戦うオバマ は大恐慌と戦ったローズヴェルトであり、そのオバマの足を引っ張る右派草の根運動の ティー・パーティこそがヒューイ・ロングだ」と論じた オバマの支持者にも、改革が共和党の反対によって進まない現状に苛立(いらだ)って 強硬策を望む人々も少なくない。「オバマは大統領令をがんがん出して強引に押し切るべ きだ。ローズヴェルトのように。いや、いっそヒューイ・ロングのように」と。国民の幸 福のためにはある程度の独裁も止む無し、「卵を焼くには卵を割らなきゃ」と。しかし なぜ、オバマは決して大統領令で強行突破せず、常に交渉と説得を忘れないのか、それを 考えたほうがいい。強い指導力と独裁は紙一重なのだ 英語には「Be careful what you wish for(願い事には気をつけなさい)」という警句があ る。誰かが願いをかなえてくれる時は必ず代償を支払わされる、という意味だ。たとえば W・W・ジェイコブズの短編小説『猿の手』(1902年)で「200ポンド欲しい」と願った ら、息子が事故死して保険金が200ポンド支払わ
  • 2012-09-11 05:24
  • よりえ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。