FC2ブログ

Entries

第3のビール価格合戦

女がひとり、男がひとり、ふたりは恋人であった。すでにつきあいはじめて5年が経つ、酸いも甘いも通り過ぎた倦怠期、会えばそれなりに幸せを感じることができるし、抱き合えばドキドキもする。しかしなんと言っても倦怠期。その事実はいかんともしがたい。旅行にいこうにも噛み合ない、こんなときにかぎって急な仕事が入ってくる。財布を落としてしまう。結局いけずじまい。どうにか打破しなければ、倦怠期の魔力に飲み込まれて破局に陥るすんでのところ。ふたりはすでにそれでもいいかと思いはじめている。円満破局だ。誰も悲しまず、誰も傷つかない、とてもいい形ではないか、と思いはじめている。それほど、気持ちは離れてしまったのだ。さてここで、第3の男が登場、彼は女の好みのタイプ、筋肉質のいい身体に、短髪で日によく焼けた黒に皮膚、サッカーボールを追いかけている少年の心を持つ。女の、女の部分が花開く、開花宣言されて、もうずいぶん感じていなかった気持ち、これを恋というのかしら。女は第3の男に恋をする。元男、当然、いい気分じゃない、もう少しで円満破局だったけれど、それは第3が現れる前の話で、そんな男現れるなんて聞いてない。女の好みなのも面白くない。まだ、俺の恋人だろう、何なのその態度、と出るとこでる勢いで、まくしたてる。女は、もう上の空、第3だけが映る目で、月夜の散歩なんかに繰り出す始末。第3はといえば、女に興味はない。彼が興味あるのは、男。ゲイセクシャル。それにまだ気付いていないふたり。やれここはにわかに活気づいてきた市場である。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2042-79bf4d80

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR