FC2ブログ

Entries

翌檜

だってこんなに近くにいる明日になる。あっ、と驚かす、つもりだっただけ、コップに入った水、飲み干して「うん」とうなずいた、涙ぽろぽろ、ゴメンねって言い出せない、つって、まあそういう感じです。気休め言うなよ、なんてぞんざいな口調で、夕暮れ過ごすぜ。(何回でも春はやってくる)手を叩いて歌いだせ涙を拭いてお家へ帰れ。駆け出すんだ。老後のことは何も考えないでとりあえず。靴紐を結んだそれから、きゅんとなる、天狗が降りてくる姿くらまし、きゅんとなる、真っ白になる、ちょっとお待ちよお嬢さん、短い髪のお嬢さん、曖昧に笑って、さよならしないで、サンデーモーニングまだ続く。身体伸ばして、届きそうだ、明日も。(何回でも春はやってくる)手を叩いて歌いだせ涙を拭いてお家へ帰れ。(何回でも春はやってくる)手を叩いて歌いだせあなたの待つお家へ帰れ。雲の動きも、ニュースペイパーも、それを広げるあなたの欠伸も、古ぼけた電信柱も、少し焦げたパンケーキの味も、空を飛ぶグライダーの音も、誰のためだろ誰のためだろ。世界地図持って、迷路に迷い込め、淡い唇で誘って街に出る、タタタ
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/205-8e501c10

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR