FC2ブログ

Entries

R?18

当たり前だということにして
相も変わらず登り続けた
あやかし色の挿話、近づいた気がした
君はうわの空、持て余す、それはまだ

君の左手の冷え加減にそっと
視線泳がして
僕の右手であっためてあげるよ
夕暮れに染まって

こうしたいなって欲望回りくどい
言葉で、ひとり、よくなって果てろ
ぬれた身体が枯れたっていいでしょう?
呼吸をやめて、全部脱いじゃいな

呼吸忘れ、もっとそばで見ててもいい?
何も言わない、何も望まない、
そしたら、かなうのかな
僕たちに新しい季節は必要ない
なくした瞬間に描いたイメージのまま
「その左手を右手であっためてあげるよ」
かける言葉を失って
時代、映画の終わりを知る

繰り返す僕ら、矢のように過ぎていく
裸になったら、何か変わったか?
ところで結局はそういうことでしょう?
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/209-efaa159a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR