FC2ブログ

Entries

リフレインは弧を描く

 父の背は曲がりくねって夕焼けに沈む。
 あんまり猫背が過ぎて、とぼとぼを通り越してじりじりと、何かに警戒して歩いているような後ろ姿をわたしは見ている。
 学校の帰り、ちょうど通りかかった交差点で道路の向こう側、歩いていく父を見つけた。
元来わたしは父と仲が悪くて、家の中であろうと、外であればなおさら、話し掛ける事など皆無で、その時も無用に顔を合わせることのないよう、父の姿を認めるやいなやさっと物陰に入り、ちらちら覗いながら父が行ってしまうのを待っている。
 父は伝説のギタリスト。であったが、つい最近音楽をやめて、街をぶらぶらしているしがない中年と成り下がった。
 音楽を止めた父は、現在人生のどん底にあり、誰でもそういう時期が一度ぐらいあるのだから、それを乗り切ったらまた幸福な時期が来るんだから、とわたしは思うのだけど、そんなこときっと父の耳には入んないで、というか放した覚えもないわけだが、じりじり滲み寄る太陽に父、染められている。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2108-2f146f22

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR