FC2ブログ

Entries

裏切り者はろくな死に方しない

ろくな死に方、というのが老衰であるならば、裏切り者は老衰では死なない。老いてなお現役を豪語する裏切り者、ゆっくりと老後の人生を楽しむなど考えもしない。老後など存在しないと言わんばかりに、働く。裏切り者としての仕事、スパイ関係の全般の仕事をする。さすがに重要な任務は老いによる衰えにより失敗する可能性があるから依頼されなくなったが、価格競争の調査員、スーパーの万引きGメンなどそれなりにやりがいのある仕事をしている。時々働くってなんだろう、と疑問に思う。誰も答えてくれない真理みたいなものだ。働く、それを考えるために裏切り者は働く。女房子どもには本当の仕事のことは話せない。そういう契約になっている。だから万引きGメンをしているときに女房が万引きを働いた場面に遭遇したことがある。仕事に厳しい裏切り者はしっかりと女房の手を捕まえて事務所につれていく。女房は自分を捕まえたものが夫だと気付いていない。Gメンをするときには深く大きいサングラスをかけているし、若干声を低く迫力のあるように出しているから。女房はいつものように、はじめてです、もうしません、魔が差したのです、という。常習犯だ。裏切り者はそれを知っているから容赦はしない。あのねえ、奥さん、いいの、家族呼ぼうか、今日はもう家族にきてもらおうか?お願いしますそれだけはやめてください、もうしません、絶対にしません、お願いします、絶対にしません、赦してください。でもねえ、もう、20回目でしょう、ご主人呼ぼうか。やめてくださいお願いします、主人はお花屋さんで働いているんです、わたしがこんなことをしたと知ったら、あの人、きっと卒倒して、家を出て行くかもしれません、そんなことは避けたいですゆるしてください。裏切り者は次第に切なくなってくる。ご主人て俺じゃないか、まだ気付かないのか、こいつはなんで気付かないんだ、一緒に暮らしてきた30年間はなんなのだ、とふいにサングラスを外す。女房は悲鳴を上げて、呼ばないでって言ったのに、と叫ぶ。あなた違うの、これは誤解よ、ほら、Gメンの人の勘違いよ、あれ、Gメンの人がいなくなった、突然消えた、これはいったいどういうこと?まだ気付かないのか、俺だよ、俺がGメン。すべてさとった女房、なんぼのもんじゃい、と裏切り者の頬を殴り、これがあたしの痛みじゃい。痛くって痛くって痛くって裏切り者死ぬ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2111-07eb1059

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR