FC2ブログ

Entries

実はほとんど役に立っていない人体の部分

「どこなんですか?」

「たくさんあるけどね、一番役に立たないのは、弁慶の泣き所だね」

「弁慶の」

「あれは、狙われるばっかりでろくなことがない」

「そうなんですか」

「あれがあるために、致命傷をうけることもしばしばあるという」

「誰が言ってるんですか」

「格闘家だよ」

「じゃあ一般の人にはあんまり関係ないんじゃ」

「何を言っている、油断してたらかつんと蹴られるぞ」

「そんな危険な国じゃないですから日本て」

「嘆かわしいなあ実に嘆かわしい、日本ももうそこまでデンジャラスだ」

「そうですかねえ」

「とにかくあって欠点しかないものは弁慶の泣き所だ」

「役には立たないんですね?」

「それがね、役に立つこともある、さすがに」

「だったら、存在する意味があるじゃないですか、どんな役に立つんですか?」

「弁慶と出会った時だよ」

「弁慶と?」

「そう、弁慶に森で遭遇したときに」

「弁慶森にいるんですか?」

「森にいる、そしてたまに人間を襲ってくるんだ」

「弁慶人間じゃないんですか?」

「人間じゃないねえ、襲ってきたら危険だろう?」

「そら、危険ですよ、無傷じゃあいられないでしょうな」

「そこで弁慶の泣き所だよ」

「どうつかうんですか」

「泣き所を掲げる」

「掲げるって、どうやって?」

「それは誰かに手伝ってもらって掲げてみよう」

「誰もいなかったらどうするんですか、ひとりで歩いていたら?」

「そのときは、弁慶に手伝ってもらえばいいじゃないか」

「弁慶手伝わんでしょう、襲いにきたんだから」

「意外といいところあるから、お願いしたらきっと手伝ってくれるよ」

「じゃあ、手伝って掲げたらどうなるんですか」

「弁慶が悲鳴を上げて逃げていく、そして森の片隅でそっと泣いているんだ」

「そんな気持ちになるんですか」

「けんけーん、と泣いているんだ」

「きつねみたいなやつですねえ」

「そのとき以外には役立たないよ」

「ほぼ役に立たないですねえ」

「だろう?」
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2184-730e8a7c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR