FC2ブログ

Entries

相手を傷つけずに、ワキガを気付かせる方法

「あの」

「なんですか?」

「なんというかさ」

「はい」

「匂いってあるよね?」

「匂いですか?」

「そう、匂い」

「ありますが、それがなんですか」

「たいせつだよね」

「もちろん、大切です」

「ぼくはね、その匂いを研究しているんだ」

「そうすか」

「そしてひとつの結論がでた」

「なんでしょうか」

「匂いには2種類ある」

「たった2種類ですか」

「そう、小手先でいろいろあっても、真ん中で分けたら2種類」

「どんなものでも真ん中で分けたら2種類でしょ」

「ひとつは」

「もう、この末っ子体質が」

「納豆」

「ピンポイントじゃないですかそれ」

「納豆の匂いが一翼を担う」

「大丈夫?ひとつ納豆で大丈夫?」

「少なくとも世の中の半分の匂いは結局納豆を根源としている」

「なんて存在感のある保存食なんだろうか」

「そしてもうひとつ」

「はい」

「それが脇臭」

「悪臭?」

「そう、脇臭がもう一方を担っている」

「それは衝撃的ですねえ」

「ふたつが混ざりあえばどのような匂いにでもなる」

「そらノーベル賞ものの発見さ」

「ぬぬぬ!」

「なんすか?薮から棒に」

「脇臭に偏った反応」

「俺すか?」

「そうそう」

「そっかあ」

「で、匂い成分の混ざり方がね」

「そうかあ」

「そのバランスがとても重要なのさ」

「そうかあ、脇臭かあ」

「まずい、脇臭に引っかかってる」

「脇臭の偏った匂いかあ」

「大丈夫、ほとんど気にならないから、大丈夫」

「世の中の半分の匂いに俺は偏っているんだなあ」

「それうそだから、世の中の半分はにんにくだから」

「俺はなんのために今ここにいるんだろうか」

「人生の意味を問うている」

「俺は脇臭を放つ猛獣なのかあ」

「誰もそんなこと言ってないから、立ち直ろう、いっしょに立ち直ろうプログラムを組むよ」

「俺は脇臭を放つモンスターなのかあ」

「ちがう、安心しなさい、君は脇臭を放つ天使だ」

「天使?」

「そう、背中に羽が生え、白い布をまとって薄着で、頭には輪っかがのっていて、脇臭を放つ」

「天使かあ」

「みんなから愛される天使さ」

「それならそれでいいかなと思える自分が好きです」

「ミッション・コンプリート!」
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2198-c8e83441

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR