FC2ブログ

Entries

薔薇ノ里と薔薇ノ海

四股名はこの際置いとこう。
私は信二と言う名前で、それ以外の何ものでもないのだから。
木村が、いや行司が仕切りたがる、いつものことだが今日はそれが妙に気に障る。
塩を撒いたりにらみ合ったりしている内に時間一杯になり、

(見合って見合って、八卦よい!)

でぶつかってくるのはダンプカーみたいなでかい衝撃、バチッとした火花が目に浮かぶ。
手の平で思い切り頬をはたきやがった。

(のこった!のこった!)

もう一度言うが四股名はこの際置いとこう、相手のこいつは賢治という名前で、それ以外の何者でもないのだから。
私は、こいつ、賢治が大嫌いだ。
賢治とは何か生理的に同類の人間であるような気がしている。自分と近い人間がなんとなく嫌だと感じるのは、例えばデパートで同じ着物を着ている力士に出会ったときの気まずさなど思い浮かべてほしい。
むこうも大方そうなのだろう、いつも嫌悪であふれた妖艶な視線を浴びせてくる。
私は賢治を取組中に本気で殺害したいとさえ思っている。うまいぐあいに投げ飛ばして、そこに座っている九重親方に抱きかかえられる形で首の付け根を折って殺害したいと思っている。考えようによってはそれはある意味幸せな最期といえるかもしれない。だとしたらわたしからの最期のハナムケというやつだ。とにかくそういう風にごく自然にあくまでも事故として片付けられるように巧く殺害し賢治をこの世から消したいと思っている。大丈夫だ、部屋こそ違えど同期入門である私たちは表面上は仲が良いということになっており

(八卦よい!八卦よい!)

二人きりになることはないがちゃんこや祝賀会だって、何度も同席している。他人の目があるとき、ふたりで談笑する様子、他人の目がないとき、ふたりで目配せをする様子など、何か共犯者めいた秘密を共有するねじれた仲間意識さえ生まれているぐらいだ。

(のこった!のこーった!)

賢治は私を四股名でなく信二と呼ぶ。もちろん私もしかりだ。
土俵際、右手をゆんとひねる。ひねる。持ちこたえた。
賢治の爪、綺麗に磨かれた爪に薄く桃色のマニキュアが塗ってある。それに光が反射して私の目をくらます。それが私をさらにいらいらさせる。そういう作戦に決まっている。

(八卦よい!)

ふいに、賢治はちいさく、私にしか聞こえないぐらいちいさく、ほとんど息を吐くのとおなじぐらいちいさくそのやはり桃色のルージュが引いてある唇でつぶやいた。信二、アイラブユー、ラブユー信二、お前とずっとこうしてたいよ

(八卦よい!のこった!!)

世界が止まる。

(のこーったぁ!!)

ミートゥー。
ミートゥー賢治。あたいもこうしてたいよ。

(八卦よぉーいぃいいい!)

そうさ木村、いや庄之助もおいでよほら、いっしょにがぶりよつろうよさあ。
長い相撲になりそうだった。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/252-77d0db2d

トラックバック

コメント

[C103] と見せかけて

なんちゃって。
  • 2006-12-04 23:34
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C104] え、そうなんですか

事実なんですか。いやあ、わたしもまだまだ甘いっすね。
  • 2006-12-04 20:17
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

[C105] 楽しくてたまらない

事実をもとに書いてますからね。実は。

こんなふうな取り組みがあったらすごく楽しいだろうな、と思います。まじで。

だって土俵上だって恋愛は自由だし。
  • 2006-12-03 23:56
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C106] みんな楽しそう

こんな取り組みを見せられては、色守好太夫も落ち着かない。むらむらと、あいや、めらめらと行司魂が萌える、じゃなかった、燃えるってもので、おい、庄之助、俺と組もう、じゃなくて、あわわ。
  • 2006-12-01 21:49
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR