Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2668-25c5950c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

委員の間では安堵(あんど)の空気が広がった。ところが

私が本当に信じているのは多数決。他なんにも信じれんから気をつけて。私が信じていると思ったら最後、食いつかれるわ。のど元にがつんと食いつかれて、流血騒ぎ、私は忍び足で闇夜に消えるから。油断したらあかん。まったく油断なんて、獣はせんから。人間だけに許された行為、私は容赦なく襲いかかる。これは覚えておいて、必ず役に立つはず。私は容赦なく襲いかかる。さっきまで戯れあっていたのに、ラブラブだったのに、なんてことは日常茶飯事。あらかじめ言っておく私の良心がそうつぶやいとるの。私だって襲いかかりたくない本当は。もっと戯れあっていたい、ラブラブでいたい。なのにこの血が、このアリクイとしての本能が許さない。月が美し過ぎるんや。狂わすんや。私の血を煮えたぎらせるんやわ。

民主主義ならば信じることができる。みんなで決めたことならば少々の我慢はできる。本当よ。これは本当。獣にも、アリクイにも理性はあるわけ。したがいます。心配しないで、獣扱いはされたくない。モウ園時期はとっくに過ぎたんだから。私は人間らしくあるはずよ。人間よりも人間らしくあるはずよ。

ところが、例外があって、いくら多数決で決めていても、その委員の中に私が嫌いな人が含まれとるなら話は別。というかそんな委員に私がしたがうわけがない。今回?今回もおるね。確実にいるんで、はい、気をつけてください。

て春子ちゃん全然聞いてないし。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2668-25c5950c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。