FC2ブログ

Entries

山葡萄トンネルに住む鼬について

山葡萄トンネルは全長20メートルほどで短く、今ではほとんど通り抜ける人もいない。本当は正式な名前があるんだろうけど、私は知らないし、きっと知っている人などいない。とにかく、そういうある地方の山奥にあるトンネルだ。どうして私がこんな誰も正式名称を知らないようなトンネルのことを話しているのか、というと、私の祖母がよくそのトンネルの話をしてくれたからだ。山葡萄トンネルにはいたちが住んでいて、いたちは通り抜けようとする人間の目を引っ掻こうとする。実際にいたちを見たものもいないし、ましてや引っ掻かれたものなど一人だっていないのだけど、とにかくそう言われていた。いたちの爪は鋭くて、ニワトリなんかを飼っている小屋の鉄の網を破ってしまうほど。そんな爪で引っ掻かれたらたまったものでない。だから実際にはいないのかもしれないけれど、山葡萄トンネルを通り抜ける人はみんな、眼鏡をかける。眼鏡といっても都会で若者がファッションのためにかけるようなタイプのものではなく、ただ外敵から本体を守るためだけの頑丈なの。暗いトンネルに入るために形はどうであれ眼鏡をかける。そんなトンネルってなんとなく素敵だと思わない?いやそう思うのは、私が眼鏡フェチだからじゃないから。眼鏡は好きだけれど。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/28-c6dafe33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR