FC2ブログ

Entries

歩くサボテン、歩かないサボテン

「その境界は目よ」

「目ですか?」

「するどく獲物を狙っているような目を持つサボテンは歩く」

「目を持つサボテン」

「反対に穏やかで引退したプロ野球選手みたいな目を持つサボテンは歩かない」

「目を持つサボテン」

「それだけ」

「サボテンに目があるんですか?」

「あまり知られていないけれどあります」

「サボテンって動物なんですか?」

「動物です」

「記憶では植物って習ったような」

「以前はそう考えられていました」

「なにか発見されたんですか」

「そのとおり、発見によってサボテンは動物であることがわかった」

「なにが見つかったんですか?」

「中国で見つかりました」

「はい」

「サボテンが歩いているところを目撃しました」

「いきなり!」

「だから、もしかしてこいつら動物なんちゃうこ、とよく観察したら目がありました」

「へえ」

「動かんしまあ動物ちゃうやろと思ってましたからね」

「盲点でしたね」

「以来動物とされています」

「で、目の違いで歩くかあるかないか別れると」

「そうです、歩くものの目は鋭い」

「たとえばあのサボテンはどうですか?」

「これは歩きますね」

「ええと、目ってどれですか、ちょっとあたしわかりません」

「これが目です」

「ほとんどわかりませんね、かすかに点があるぐらいで」

「だから気づかなかったんです」

「なるほど」

「では歩かせてみましょう」

「できるんですか」

「簡単ですよ、ほらアルフォートをちらつかせると」

「やってきた!」

「大好きなんですね」

「手みたいなんでアルフォートをもぎとって食った!口!」

「ね?動物でしょ?」

「気持ち悪いわ」
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2806-8c007cb0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR