Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2840-50ccbf4b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

神世界

やあ、神世界へようこそ。もう大丈夫ですよ。安心なさい、あなたは神が守ってくれます。つまり、この世のありとあらゆる憎しみとかそういう嫌なものがイヤでなくなります。本当です。それが神なのですから。信じてませんね、その目や口や手は信じていない時のそれですね。仕方ありません、信じたくなるようにしてさしあげましょう。こちらをご覧ください。はい、決して変なものは映っていませんよ。卑猥なものも映っていませんよ。ある山奥に住む、鬼の映像です。本物です。フィクションではありません。ドキュメンタリーです。わたしが撮影しました。ずいぶん苦労しました。挫折しかけました。しかし撮影し切りました。継続は力なり。やり遂げたわたしが言うから説得力もあるでしょう?見事な出来です。自分で言うのもなんですが、傑作です。出典すれば、賞を総なめにできることでしょう。絶賛に注ぐ絶賛です。絶賛の嵐、ニュース、KinKi Kids、V6、SMAPです。見ればすぐにわかりますが、鬼は穏やかな表情をしています。大変穏やかでそれが鬼であると気づけないかもしれません。ただの高齢者だと見なすことができます。なにしろ鬼らしい特徴はなにもありません。角もありませんし、虎柄のパンツをはいているわけでもありません。髪がもじゃもじゃなわけではありません。金棒も普段は仏壇の下にしまってあります。正直、人間と見分けはつきません。全く同じです。もしも人間社会のどこかで生活しているならば、誰も気づくことはないでしょう。しかし、確実に鬼です。私を信じてください。彼は鬼です。鬼のなかの鬼です。鬼じゃないとしたら、あれは蛇です。ひょろひょろ蛇です。丸呑みしてしまえ、蛇です。蛇は神です。両者はイコールでつなぐことができるのです。蛇の世界へようこそ。この湿った世界で、からからに乾けばいいと思う。乾いたのどをペプシコーラで潤せばいいと思う。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2840-50ccbf4b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。