FC2ブログ

Entries

住民から石を投げられる夢を見る

夢を見ると、目覚めは最悪。もう最悪すぎて吐きそうになっとる。私、夢が大嫌いで、いいところですぱんとちょんぎるように終わるから、脈絡もなく、移り変わるイメージに翻弄されんのは、いい加減にしてほしいわ。夢というだけで何もかも許されると思うなよと、私は主張する。大いに主張する。誰の共感を得られなくともかまわんよ。私は私の好きなようにさせてもらう。

気づいたら、私は水玉のシャツをきている。選んでいるのだ。無意識のうちに。水玉のごく小さな水玉のシャツで、もうこれは10年ほど前に買ったシャツで、気に入っているけれど、いいけがんくたびれてきたんで、そろそろお役御免といきましょかと声がかかってるんで、じゃあおおせのままに、ってとこだが、しかし踏みとどまるはシャツの水玉が私をそろりと呼んでいるからで、向こうの方から呼んでいるのを捨てるのはしのびない。実に忍びないし、私はそういう腐りかけの甘さをちゅうちゅう吸い取ることが何よりも好きなのでそこにまだ存在するわけ。で、また手に取っている。手に取ったら着るしかないわけ。私はきかけたシャツをいったん元に戻すなんていう所作はできません。できません絶対。着るしかない。

着たら着たで実にしっくりきますし、なじんでいるので、文句は言えない。胸を張って町に出るよ。石を投げられてもびくともせんよ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2871-1f46bef9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR