Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2884-5709d8d6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

救世主は水ガラス

「救ってくれた!救ってくれた!」

「なんですか?」

「救ってくれたんだ!」

「なにがですか」

「水ガラス!」

「水ガラス?」

「そう、水ガラスが俺を救ってくれた!」

「なにから救ってくれたんですか?」

「あれは俺が映画館にいる時だった」

「映画館に?」

「俺は映画を見ていた」

「はい」

「映画は3時間半あった」

「超大作ですね」

「完全に飽きていた」

「駄作でしたか」

「暇を持て余した俺は手遊びをしていた」

「そうとうな駄作だったんですね」

「手遊びはだんだんエスカレートし」

「手遊びのエスカレートってどういうことですか?」

「手遊びが手遊びでなくなっていくことだよ」

「手遊びでなくなったらどうなるんですか?」

「足遊び、胸遊び、肩遊び」

「どんどん広がっていくんですね」

「やがては全身遊び」

「全身遊び」

「鬼を決めて追いかけられたり、鬼よりも高い位置にいなければならないルールを作ったり」

「それただの遊びです」

「会場の全員が全身遊びに興じていたよ」

「学級崩壊なみですね」

「そのときだ!」

「はい」

「支配人が怒鳴り込んできた」

「そりゃ怒るでしょう」

「ここは遊戯室じゃない!」

「そうです」

「俺は水ガラスを支配人に放ったさ」

「ひどい!」

「支配人は何とも言えぬ顔をしていたよ」

「複雑でしょうね」

「俺たちは高鬼を続けた」

「高鬼言うとる!」

「気づいたら映画は終わっていた」

「興じましたね」

「俺たちは大切なものを失わずにすんだ」

「つまり、救われた、と?」

「ザッツライト!」
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2884-5709d8d6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。