FC2ブログ

Entries

全力でブランコをこぐ、名前の知らない街を見る

どこをどう歩いたのか分からないけれど、気付いたら公園の前に立っていた。もう夕日も沈んで薄暗かったから、子供たち誰もいなくて、ブランコが空いていたからそれに座った。もういちど冷静に考える。弟が私に怒鳴りかかって、中村君は青い顔をしていて、あんな状態で、私になにかできたでしょうか。どうすることもできないじゃない。それでファミレスを飛び出して、飛び出すとき入ってきたやけに面長の女にぶつかって怒られたけど、そんなの無視して、今ここに座っている。吹いてくる風が強い。ブランコは揺れる。私は何もかも嫌になって、ブランコを全力でこいでやる。一回転して、二回転するぐらい全力で。ちょうど身体が90度ぐらいになったとき状態をそらして後方を見る。目に映った反対向きの街は、私が知らない街みたいで、私はこの、誰も知らない街で生きよう、そう思った。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/29-02ac4bb4

トラックバック

コメント

[C1] Unknown

忘れた頃に登場します。
とにかく愛らしい顔なんやもの。

わたしもなにも考えずに、ゆーーーっくり、したいときがあります。
わたしはそれを逆に温泉気分と呼びます。

逆に温泉気分。
と呼ぶからといって特別に温泉が好きなわけではないんですけれどね。
そのイメージねイメージ。
  • 2006-06-12 22:49
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C2] Unknown

また、面長の女が出てきましたw

自分の事を知らない、そして自分も誰も知らない。そんな所で少しゆっくりしたい・・・
疲れているんかなw
  • 2006-06-11 23:40
  • 縦関数
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR