Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2916-1467d17e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

安藤美姫の鎮魂歌

「彼女はあわせて踊ることを知っている」

「へ?」

「曲に合わせて踊るんだ」

「ああ」

「それも見事にな」

「選手ですからね」

「しかし、今までとは違うよ」

「そうですか」

「今までは何と言うか、滑稽だったよ」

「滑稽ですか」

「死にかけの蝿みたいだったよ」

「それは言い過ぎでは?」

「いや、君は死にかけの蝿の俊敏さを知らない」

「そら、知りませんけど」

「あの俊敏さは感動を呼ぶほどだ」

「蝿が感動を?」

「そうだ、4回転ジャンプも何度もする」

「蝿が?」

「死にかけのね」

「感動は呼ばないでしょ」

「誰だって最後に命を燃やして輝くんだろうよ」

「蝿は違うでしょ」

「かすかに笑っていたのをぼくは覚えている」

「恋人みたいじゃないですか」

「あるいは恋人と言っていいかもしれない」

「あかんあかん」

「種族の壁は厚いが、ぼくは越える覚悟だ」

「いやだいたい死にかけてるんでしょ、蝿」

「看取ってやるんだ」

「はあ」

「ぼくは蚊として蝿を愛しているよ」

「美味くないですよ蝿の血」

「かまわんよ、ぼくはそのまずい血を吸うよ」

「了解」
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/2916-1467d17e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。