FC2ブログ

Entries

自分の髪の毛で作られたクモの巣から動けなくなっても、情熱があれば苦境を乗り越えて2

目覚める瞬間、背中が強く引っぱられて痛みを感じた。あたしはパジャマのまま、空に浮いていた。ベッドが下にある。あたしの部屋はこんなにもきたなかったのかと思った。ゴミだらけじゃないか。32にもなってこんな部屋だから髪が伸びる速度が増したのかもしれない。すぐに浮いているのではないと気づいた。あたしは蜘蛛の巣にひっかかっていた。それも自分の髪の毛でできている。蜘蛛の巣のもとをたどっていけばあたしにたどり着く。すなわちあたしが巣に引っかかった獲物を食うべき存在、しかしひっかかっているのはあたし。あたしは自分で自分を食うわけか。そんなわけにはいかない。共食いよりもたちが悪い。だいたいどうやって食えばいいのかしらない。学校では教えてもらっていない。子ども電話相談室の文字が頭に浮かんだけれどもすぐにかきけした。どうせ、年齢制限で受け付けないに決まっている。あたしは子ども電話相談室に幻滅したところだったファック!だいたい、あたしは食べられたくない。まだしたいことがたくさんある。なんとか逃げ出そう。あたしならできる。あんたはやればできる子なんだからと昔からよく言われていた。それを信じて今まで生きてきた。自分の髪でできた蜘蛛の巣なんてあっさりと抜け出してやろうと思った。なによりも情熱だ。この世で一番大切なものは情熱だった。あたしはそれを言い切ることができる。情熱で人は変わるし、人が変われば世界が変わる。あたしは自分の中のまだ目覚めていない情熱の扉をノックした。軽快なリズムでノック音が響いた。なかなか悪くない。悪くない感覚だった。これオンリーでいきたい、このコードオンリーであたしはかき鳴らしたい。轟音が遅れて聞こえてきた。蜘蛛の巣は燃えはじめた。あたしの髪は燃えはじめた。ごうごうと音を立てた。気づいたらあたしはベリーショートの乙女だった。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3014-4c7cecb2

トラックバック

コメント

[C627]

あはははは!
  • 2011-06-28 05:13
  • きむち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR