Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3151-fc882043

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

深夜の駅にたけしと健さん

たけしが電車を降りると、いや、電車というよりも列車という方がしっくりくる。この場合、待っているのは健さんだから列車と表記しよう。列車を降りると、いや、降りるでは軽い、落ちるぐらいの激しさが必要だ。暴力の末に逃げるようにやってきたたけしの感じを出すためには、落ちる、だ、吐き捨てられる、でもいい。列車にまで吐き捨てられるたけしを待っているのは健さんなのだから。必然性がある。列車に吐き捨てられたのは、深夜だった、いや、よるだけではありきたりだ。たしかに深夜ではあるが、それをそのままいってしまえば面白みがまるでない。もう少しひねってひねって冒頭から唸らせないといけない。では南国だった。これは雪国オマージュだ。南国だったら驚くだろうに、たけしも真っ青だ、健さんだって真っ青だ。南国なんだから、吐き捨てられても別にいいやという気になる。意外性が面白いじゃないか。ちょっと待てよ、重みがまるでない、このままでは二人楽しく暮らしましたとさという展開になる。いけないいけない、ここから大人ふたりの渋いストーリーが展開する、監獄がいいや、重みがまるでちがうし、何があったんだろうって引き込まれるじゃない。出会いから過去にさかのぼるの、よくある手法だけど鉄板だよ。さあ、賞レースで席巻するよ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3151-fc882043

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。