FC2ブログ

Entries

surfing

溺れた子猫は藁をも掴む。それは本当だ。ぷかぷか浮いていた腐った海藻を懸命に掴もうとしていたのだから。誰ひとりとして何もできなかった。だって強い雨は降っているし、波は強かったし、何より子猫は誰の飼い猫でもなかったし。それでも、やはりできることなら助けてやりたいのは山々だが、と誰もがそう思っていたに違いない。私たちが乗っている船には、浮き輪を投げて猫がそれに掴まるかどうかは置いといて、なぜか投げ込むべき浮き輪なんかもなく、かといって泳いでいけるだけの勇気も誰も持ち合わせていなかった。と思われたその時、きみが前へ駆け出して、船に積んであったサーフボードを手にとった。何をやっているんだ、無理だ、と即座に思った。きみが泳ぐのを見たことがなかったし、どちらかといえばきみは運動ができないほうだし。無茶するな、と私は目で訴えた。しかしきみは凛として微笑み、見てて、と言った。そして、サーフボードを羽として海に降り立ち、波をとらえた!きみがサーフィンできるなんて知らなかった。おおきなあの波の上で、馬鹿みたいに輝きながら。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/318-027c28c2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR