FC2ブログ

Entries

トーキョー・ストーリー/曽我部恵一

トーキョーに立つとなぜかいつも同じことを考える。トーキョーはそんなにも特別な場所なのか。ぼくにとって、君にとって、誰にとっても特別な場所なのか。トーキョーと縁のない多くの人はそうでもない。ビルが建ち並び、終わりのなさそうな街に立っても、何も考えない。これからなにをしようかしら、今日はなにを食べようかしら、文明の犬は俗物として生きていればいい、と言ったあいつのことを考える。あいつはあたしの前からいなくなってしまった。何も言わずにある日突然姿を消してしまった。あたしはもっと、一緒においしいものを食べたり、いい映画を見たり、過激な衣装を着たセックスなんかをもっと、したかったのに。あいつは今どこでなにをしているのか、わからないけれど、元気でいることは間違いないような気がする。あいつが具合悪いなんて想像できない。いつも、いやらしいことをしながら真面目な口調で世界平和について語るのだ。そんなどうでもいいことぶつぶつつぶやいてないでもっと舐めて、と思うけれど、それは言ってしまうとあたしの負けのような気がするからいわない。トーキョーは今、雨が降っている。午前2時でかなり寒い。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3191-d9b2991a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR