Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3212-52aca924

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

I'm just a dog/The Birthday

犬、だと言われた。別にショックでもない。というのは自覚しているからで、あたしは犬だった。気づいた時からずっとあたしは犬以上でも以下でもない。以下でないというのはすごく重要で、それによってあたしは自分というものを確立しているのではないかと思うほどだ。時々、あたしを犬だと言う人がいる。時々だ。ほとんどずっとあたしはなんにも言われない。ほとんどの人はあたしに興味がないのだと思う。だって外で眠っているし、汚い恰好をしている。犬そのものだから、かかわり合いになりたくないのだろう。あたしとかかわるとろくなことが起こらないと思っているんだと思う。別にいいけど、寂しくなんか全然ないし、あたしは、それでもたまにあたしのことを犬だと言ってくれるわずかな誰かのために生きている。犬よ、さあこっちにおいで、そしてくんくんと泣くがいい。ミルクをやろう。よければ寝床も提供しよう。無性ではない、それなりの覚悟を持ってほしい。覚悟さえ持てばそれでいい、安全な生活を保障しよう。どうだ、悪くない条件だろう?ミルクはたんとある。腐るほどある。自由に飲めばいい。飲みたいときに飲みたいだけ飲んでもかまわない。誰にも怒られることもない、取られることもない。安全を手に入れたいだろう?犬として、あたしは尻尾を振ることにする。プライドなど海のそこに沈めてしまえばいい。プライドはどう料理してもミルクにはならない。せいぜい酸っぱくなってツバが溢れそうになるだけだ。あたしはその人をご主人様と呼ぶことにする。それが礼儀というものだ。あたしだってそれぐらいは心得ている。心地よい。ご主人様は嬉しそうだ。その顔を見ていると吐き気がする。実際はいてしまった。少しだけ吐いてしまった。吐いたものをご主人様はおいしそうに舐めている。どちらが犬なのかわかったものではない。あたしはご主人様の頭を前足で踏みつける、するとご主人様は嬉しそうな声を出す。なにをするんだ犬よ、とあたしを怒っているが、それが嘘の言葉であることはあたしでなくてもわかるだろう。もっと踏みつけるんだ犬、と言っている。目が。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3212-52aca924

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。