Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3242-59d49425

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

指切りげんまん/RADWIMPS

指切りげんまん、嘘ついたら針千本飲ますにあきたらず、鉄を溶かしてまだ赤い状態になっている液体を口から流し込み、かたまったところで割り、内蔵の形をそのまま再現したアートを作り、各公民館で巡回展示する。割った身体は細かく切り刻んでにんにく、赤唐辛子とともに強火で炒めたところに、茹であがったパスタを投入し、さっとあえて塩こしょうで味を整える。それをできるだけたくさんの人にふるまえば、楽隊による音楽演奏がはじまる、オーケストラは一糸乱れぬように息を合わせている。まるでひとりしか演奏していないような一体感を味わう。コンダクターの能力の高さを証明する。この日のために我々は血のにじむような練習を重ねた。実際、血はにじんでいた。じわじわと血がにじんでいて楽器は赤く染まった。人々はやがて赤の楽隊と呼ぶようになる。赤の楽隊の噂は世界中に広がっていく。死ぬまでに一度見て見たいものだ、聞いてみたいものだ。盲目の少年が噂を聞きつけて、ぼくも一度聞いてみたい、赤の楽隊の演奏を、と望んでいる。目が見えないから赤かどうかなんてわからないのに。というか、血は綺麗に拭いているから、誰が見ても赤ではない。しかし、我々の心は、芯にあるのは、赤く血のにじんだ楽器、それを演奏する精神だ。盲目の少年にもきっと届くだろう。きっと見えるだろう。少年は踊りだすだろう。楽しげに、からんからんと踊りだすだろう。誰だって踊らずにはいられないのだ、少年はぎこちなく踊りだす。照れくさくて笑ってしまう。それを見て、少年の母親が涙を流す。あの子は誰にも心を開かなかったのに、今、はじめて踊って笑っている、ありがとうございます、赤の楽隊のみなさん、ありがとうございます。ほんとうに感謝しています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3242-59d49425

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。