Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3256-0d12f6b6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

八月の息子/サニーデイ・サービス

息子は、素直ないい子だったんです。いや、だった、じゃなくて今でも素直な子だと、わたしは思っています。ただ、思い込んだら一直線なところがありまして、それが唯一の欠点でしょうか。だけど、そんなぐらい、世の中にはもっとひどい人もいるんですから、息子だけが特別だというわけではないと思います。

わたしは息子が望むものは何でも、手に入れてやりましたし、手に入れることができない、例えば魂だとか、欲望、なんていう概念も、わたしなりのやり方で与えました。それが親としての最低限の務めだと思っています。わたしから言わせてもらえば世の中の親は息子に対して何もしなさすぎるんですよ、もっとかまってやらねば、もっと与えてやらねば、たとえ親がリスクをしょってでも与えるものです。わたしはそう思います。

ただ、その結果かもしれません、息子は何でも欲しがりました。次から次へと欲しがりました。息子が欲しがれば、わたしたちはどうにかして手に入れる、するとそれを10分ほど眺め、次のものを欲しがる。その繰り返しでした。欲しがるものはだんだん大きく、高価で、手に入れにくいものになっていきました。それでもわたしたちはすべてをなげうってでもそれを手に入れようとしました。それが息子のためになるのだから。そう信じて手に入れました。時には血なまぐさいことにもなりました。少々、法を犯しました。ぬぐい去れないほどの罪を作りました。わたしはそれでも息子が健全に成長するのなら、と我慢をして手に入れました。気づいたら、手下がいました。

息子が欲しがるものを手に入れるためには、わたしと妻、ふたりだけでは不可能でした。あらゆる能力を持つ手下を仲間に加えることは必然でした。5分あればどんな鍵も開けてしまうものや、すぐに暴力に訴えて相手を黙らせてしまうもの、反対に暴力を振るわずに言葉で言いくるめてしまうもの、政界、財界、様々なコネクションを持つもの、不思議な機械を発明するもの、2k先の林檎に穴をあけることのできる射撃の名手、棒一本で様々な料理を作れる料理人、話しだせばどんな状況であろうと爆笑をとれる落語家、どんな獰猛な犬であろうと手なずけてしまうブリーダー、妖怪やお化けの知識が底知れない荒俣宏、葬式参列の際も熱血を垣間見せる松岡修造、殿、ふわふわしたのをかぶっている少年、かなしい噂、くるくる回るビニール傘、雨模様、おしゃれ小鉢、素敵なダイヤリー、うっとうしい蝿。わたしは海賊船の船長になっていたのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3256-0d12f6b6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。