Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3274-0afd97f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

予想/星野源

予想よりも速く追いかけてきた。ずいぶん速い。このままでは追いつかれてしまう。追いつかれたら最後、あたしは喰われてしまうだろう。丸呑みにされてしまう。いくらあたしはあんまり脂肪分もないし、小骨がたくさんあって食べにくいですよ、と言ったところで聞いてくれない。鬼婆は食いしん坊だから。

いったんとらえた餌をみすみす見逃すわけがないじゃない。鬼婆のあのよだれ、口の中にまるでみずうみのようにたまっている。右手に持っているのは大きな包丁で、さっきまで研いでいた。しゃかしゃか研いであたしを切り刻みたいのだろう。丸呑みにもできるけれど、切った方が調理できるから都合がいいんだろう。鬼婆は大声を上げる。待て、待つんじゃ、と言った。待つわけがない。待つような酔狂はとっくに切り刻まれているだろう。あたしは全速力で山を下る。

和尚の待つ寺まで帰ればなんとかなる。和尚の機転によってこれまで数えきれないほどの苦難を乗り越えた。和尚はすごいんだから鬼婆だってちょちょいのちょいだ。和尚今回もたのみます。あたしの窮地を救ってください。なんなら待ってないで出てきて、ください。あたしは横腹が痛くなりました。すごく痛くなって、もう走るのをやめようかと思っています。和尚、今でてきてくれたら、あたしはなんとか助かります、だからできたらでてきてください、とねんを送る。ねんで十分、和尚には通じるはず。

だって和尚はあたしの肉体の虜なのだから。あたしが丸呑みにされてしまったらあたしの肉体を貪ることができなくなってしまう。自分の欲望を持て余してしまう。そうなったらもう和尚でもなんでもない。和尚が和尚であるために、あたしは必需品なわけ。だから寺からはやくでてきなさい。

ほうらでてきた。目をギラギラさせて、あたしが一晩帰らなかったからね、和尚の欲望が、和尚自身を凌駕し、鬼婆以上に禍々しく膨らんでいる。

さて化け物のにらみ合い。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3274-0afd97f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。