Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3278-7a1b6e0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バスを待っている僕ら/メレンゲ

待てど暮らせどバスは来ない。かれこれ3年が経つ。ここはバス停ではなかったのか、と最近思うようになった。だとしたらあきらめて帰宅するべきだと思う。帰宅すれば暖かい風呂に入る事ができるし、おいしいご飯を食べる事もできる。快適な空間で、読書しながら珈琲牛乳を飲み、ふわふわの布団で眠る事もできる。なんて快適な生活なんだろう、気づかなかった自分が腹立たしい。何かにつけて不満に思っていた自分が恨めしい。あの時の自分を殴り飛ばしたい。甘えたことを言うなと怒鳴ったうえで、中華あんを頭からかけて、「ぼくは愚か者です」と書いた紙を貼付けて、女子中学生の集団にさらされたい。ひそひそ話がそこいら中から聞こえてきて、最低、と言われたり、くず、と言われたりしたい。ちがう、ちょっとちがう、それは望んでいる事だった、混乱している。僕らはバスを待っているんだった。僕ら、僕ら?一人だけじゃない。そう、僕だけじゃなかった、たしかに僕だけではなく何人かいた、何人だったか忘れてしまったけれど、ふたりでもなかった。もうひとり、もしくはもうふたりいた。今、いない。どこにいってしまったんだろう、僕はずっとここにいる。ここでわずかな食料をめぐんでもらって、時々眠って、しんどい思いをしながらも待っている。同じ目的のもと、ここにいた何人か、はどこにいったのだろう。僕は思い出さねばならない。僕だけがこんなにしんどい思いをしているなんてありえない。みんなで共有する事で、このしんどい思いは幾分か和らぐというのに、その共有する仲間がいないなんて!それに気付いた僕は偉い。どこに行ったのだ、奴らはどこに行ったのだ。どこに逃げようと僕は追いかけていくつもりだ。バスを待つ必要がなくなった時、僕は社会に放たれる。僕は吠える、牙を剥く。現代社会に噛み付く。僕は狼だ。若者という名の狼だぞ。恐ろしい生き物だ。僕は大声を上げて、奴らに噛み付いてやる。さあ、どこに噛み付いてやろう、むらむらするなあ、はやく噛み付いてやるぞ。血が吹きだすんだろう。僕は血を浴びて、その血をなめる。それから肉を引きちぎってやるんだ。痛みで叫び声をあげるだろう。いい気味である。僕をおいて逃げ出すから悪いのだ。逃げる事は罪だ。罪は償わなければならない。僕はそれを実行するのみだ。なんの遠慮もいらない。イエス・キリストはそういってくれたよ。聞こえたんだよ。僕の耳には届いたんだよ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3278-7a1b6e0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。