Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3296-6ca2b3c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

殺すな/SAKEROCK

殺すな。殺さずにとらえよ、刺客は死などによりその身体を停止させてはならぬ。そんなことではわしの怒りは収まらぬ、決しておさまらずむらむらと燃え上がるだけだ。いったんとらえ、そして考えよう。みなで考えればよい。もっとも残酷で、もっとも苦痛を伴い、もっとも派手な目にあわせてやるのだ。それを経験したあとに、落語化して、よに語り継ぐ。古典となった落語は、ええ、そんな昔のはなしなのに、なにか新しい、と言わしめる程のできにすること。落語化するためには、名人が必要だ。まず名人を連れてこい。たぶん、事情を説明したら喜んできてくれるだろう。後世に残るのだから。そのためにも殺してはならない。重傷もおわせてはならない。じっくり時間をかけて丹念に手間をかけて仕込む事。それが老舗の味になるのだから。誰が星を付けていいと許可したというのだ。誰も許可していない。ていうか、そんな星でこの味が表現できると思っているのか。できないできない。ただ、ここにきて、箸を伸ばし、口にいれ、咀嚼して飲み込む、この一連の流れの中ではじめて理解するわけだし、星だけで判断されても全然、うれしくない。全然表現しきれない。勝手につけやがって、わしは信じぬ。あんな星、信じてはおらぬ。あれは嘘だ。おそらくうちの料理を食べずにつけているはずだ。なぜなら星で表現できるわけがないのだから。刺客はいつくるのか知らない。知っていたら刺客にならないし、そのルールは守っている。誰が刺客かもわからない。だから気を抜かぬように接客していればいい、と言われる。が、そんな口車に乗ってたまるか、わしはいつも通り、怒鳴り飛ばしてしまう、罵声も暴力も浴びせかけるつもりだ。わしが神様だ。気に入らねばそれで終わりってこと。認められている。それは前任者の神様に認められていて、許可をもらっている。これがうちのやり方だから、勝手にやらせてもらうから。気にしてないし、全然気にしてないし、思い切りいつも通り仕事をするつもりだし。精一杯するつもりだし、そのためには刺客を捕らえておく必要がある。それさえとらえたら、もうすっごい自由の気分。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3296-6ca2b3c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。