Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3336-76fc71ab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Emily/Bill Evans

エミリー、あなたはそんなに可愛い顔をして、なんてことをしてくれたの。あたしはあなたを許しません。絶対に、地の果てまで追いかけて復讐するだろう。エミリーは逃げている。あたしから逃げている。姿をくらましたのは昨日。

エミリーはあたしの大切なものを奪って逃げた。それがあたしにとってすごく大切だと知っている。いちごのプディング。冷蔵庫の2段目に入っていた。あたしはたしかに覚えている。それが2段目の奥に息をひそめてあたしのことを待っていたのを。エミリーはあたしになんの断りもなく、ひとりで欲望のままに食ったの。喰らったの。スプーンも使わずに手で、手でいったから、エミリーの気分を想像する。見つかってはいけない。見つかったら真理はきっと独り占めして繰ってしまうだろう、こんなにおいしそうなプディングを独り占めするに決まっている。それが真理だ。エミリーはそう考えて、その前に食ってしまおうと判断する。そして逃げ出す。公園に逃げ出した。あたしはすぐに装備を整えて追いかける。見つけ次第復讐を開始する。エミリーのその可愛い顔に、腐った卵をぶつけてやるつもりだ。腐った卵はこういうときのために用意してある。エミリーの歪んだ顔を想像してほくそ笑む。あたしは悪だ。

エミリーが悪いのだ。勝手に食べてしまうから。たしかにあたしはプディングを独り占めするつもりだった。だって、あたしが自分で食べるために買ったんだから、それを否定されたらなにも成立しなくなってしまう。エミリーは自分のお小遣いで、甘ったるい鮮やかな色の菓子を買い、すぐに一人で食べた。あたしは日本人だから、あとでたべることを美徳としている。エミリーのように即物的ではない。だから、ひっそりと食べるつもりだったのに。それをエミリーは食ってしまった。腐った卵をぶつけるだけでは気が済まぬ。まったく気が済まぬ。

辱めてやろうか。どうやってエミリーを、あの調子に乗ったそばかす娘を辱めてやろうか、あたしは公園に向う途中で考えている。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3336-76fc71ab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。